シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これだけは押さえたい!「ウイスキーの種類と選び方のポイント」

これだけは押さえたい!「ウイスキーの種類と選び方のポイント」

ウイスキーはその味わいの奥深さから選ぶのにより慎重になってしまいますよね。また価格帯にも大きな差がありどれがいいのか迷ってしまいがち。

そんなウイスキーの選び方を迷ってしまう方のために、ウイスキーの種類と選ぶ時のポイントをまとめましたので参考にして下さい。

「原料」による種類の違いで選ぶ

ウイスキー種類選び方

まずウイスキーの味を左右するのが原料です。

使用する穀物や割合によって味わいの深みは大きく変わってきます。

大麦麦芽を使用したものは、香りが深く余韻が強いものになり、トウモロコシやライ麦・小麦などを使用すると、軽くクリアな味わいをなるものが多いです。

モルト・ウイスキー

伝統的な製法で大量生産や品質の安定が難しいウイスキー。

香りも複雑で、じっくり熟成されたものが多く、高級なウイスキーはそのほとんどがモルト・ウイスキーです。

特にスコッチウイスキーにおいては大麦麦芽(モルト)のみを原料としているので贈り物としては最適です。

ウイスキー通に人気の【シングルモルト】おすすめ銘柄ランキング

グレーン・ウイスキー

トウモロコシ・ライ麦・小麦などの穀物が主原料で、大麦麦芽を加えたもの。

モルトウイスキーに比べ飲みやすいが、香味が少なく、クセのないクリアなウイスキー。

通常はブレンデッドウイスキーに加えられるため、市場にはあまり出回りません。

初心者でも飲みやすい【グレーンウイスキー】おすすめ銘柄8選

ブレンデッド・ウイスキー

モルト・ウイスキーとグレーン・ウイスキーをブレンドしたもの。品質も安定し大量生産に向いています。

ブレンドしていることでウイスキーの特徴を捉えつつ、飲みやすいのでウイスキー初心者はこちらから始めてみることみることをおすすめします。

日常酒としても広く愛されています。

本当に美味しい【ブレンデッドウイスキー】おすすめ銘柄ランキング

ライ・ウイスキー

マッシュ(原料となる麦芽液)の51%以上がライ麦で作られているものです。

マッシュの残りは主にトウモロコシと麦芽を使用。内側を焦がしたオーク樽で2年以上熟成されたもの。香りが強く、スパイシー。

独特の風味がたまらない!美味しい【ライ・ウイスキー】おすすめ銘柄8選

コーン・ウイスキー

原料のうちトウモロコシが80%以上のものを指します。

ウイスキーの中ではクセが少なく、優しい甘みが特徴です。

ベレンデット・ウイスキーよりもシンプルな味わいなのでウイスキーは苦手という人でも比較的飲みやすいです。

「産地」による種類の違いで選ぶ

ウイスキー種類選び方

ウイスキーは産地によって、製法や原料の定義に違いがあります。

その違いはウイスキーに大きく反映するので、ウイスキー好きな人は産地を非常に重要視します。

ではどの産地が好まれているのでしょうか?

主要産地5カ国に絞って特徴をまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

スコッチ・ウイスキー

スコットランドで造られており、ピート(泥炭)の香りが強く、独特のスモーキーさが特徴です。

スコッチウイスキーにおいては、大麦麦芽のみを原料としたものを、モルト・ウイスキーと指します。

ジャパニーズ・ウイスキーはこのスコッチ・ウイスキーをまねて造られています。

迷ったらコレ!本当に美味しい【スコッチウイスキー】おすすめランキング

アイリッシュ・ウイスキー

アイルランドで作られており、大麦麦芽のほか、未発芽の大麦やライ麦、小麦などを原料として使用。

ピートによる燻製を行わないため、まろやかで優しい味わいで食前酒

選ぶならコレ!人気の【アイリッシュウイスキー】銘柄おすすめランキング

アメリカン・ウイスキー

バーボンと呼ばれるトウモロコシを主原料とした種類が人気です。

オーク樽も内側を焦がした物を使用する為、香ばしい香りとコクがプラスされ力強い印象のウイスキーです。

アメリカで造られるモルト・ウイスキーは大麦が51%以上のことを指し、大麦のみを原料としたものはシングル・モルトウイスキーといいます。

本当に美味しい【バーボン・アメリカンウイスキー】おすすめランキング 最高級の【バーボン・アメリカンウイスキー】おすすめ銘柄ランキング

カナディアン・ウイスキー

トウモロコシを主原料とするウイスキーとライ麦を主原料とするウイスキーをブレンドして造られています。

クセの少ない香りと飲みやすさが特徴です。

大衆向けに造られているため、熟年数の少ない物が多く、贈り物としては適していません。

本当に美味しい【カナディアンウイスキー】おすすめ銘柄ランキング

ジャパニーズ・ウイスキー

スコッチ・ウイスキーの製法をベースに日本人の好みに合うように造られており、程よいピートの香りが楽しめます。バランスよく上品にまとめられており、ウイスキー初心者におすすめです。

相手の好みなどが分からない場合は、ジャパニーズ・ウイスキーを選ぶのをおすすめします。

ウイスキーらしさもしっかり感じられるけど、しつこくないので万人受けするので、失敗することがありません。

プレゼントで喜ばれる!高級国産【ジャパニーズウイスキー】おすすめ8選

味の好みに合ったウイスキー【タイプ別】

ウイスキー種類選び方

味の好みによっておすすめのウイスキーをまとめると以下のとおりです。

  • スモーキーが好みなら「スコッチのモルトウイスキー」
  • 初心者でも飲みやすい「アイリッシュ・ウイスキー」
  • ドライが好みなら「アメリカのバーボン」
  • 上品でバランスが良い「ジャパニーズ・ウイスキー」
  • 癖が少なく飲みやすい「カナダのコーン・ウイスキー」

これらを参考に自分の味の好みにピッタリなウイスキーを見つけて下さいね。プレゼント用のウイスキーを選ぶ時も、相手の好みに合わせるとより喜ばれるので参考にしてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする