シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
初心者でも飲みやすい「グレーンウイスキー」おすすめ銘柄8選

初心者でも飲みやすい「グレーンウイスキー」おすすめ銘柄8選

ウイスキーには様々な種類がありますが、ウイスキー玄人に好まれているのはモルトウイスキーです。しかし、モルトウイスキーは癖が強く、独特の味と香りが受け付けない人も少なくありません。

そこでウイスキー初心者におすすめなのが「グレーンウイスキー」。ウイスキー独特の香りを楽しみながらも、美味しく飲むことができますよ。

今回は、そんな初心者でも飲みやすい「グレーンウイスキー」のおすすめ銘柄8選をご紹介します!

CMでおなじみの味「サントリー 知多」

おすすめグレーン・ウイスキー1
ジャパニーズのグレーンウイスキーである「知多」は、ほんのり甘く香り高く、柔らかな口当たりで人気です。

おしゃれなCMでもおなじみですよね!さわやかな風をイメージして作られたということですが、確かにこれは爽快感抜群。夏の暑い日でもロックですいすい飲めちゃいます。

Amazonで見る

希少な知多を贅沢に楽しむ「知多蒸溜所」

おすすめグレーン・ウイスキー2
流通量が少ない為、これの実物を実際に見たという方はかなり少ないと思います。「知多蒸溜所」は、「知多」と同じくサントリーが作り上げたジャパニーズグレーンウイスキーです。

「知多蒸溜所」に使われているグレーンウイスキーは3種類。オーク樽熟成を主体にワイン樽貯蔵のグレーン原酒と、長期熟成原酒をブレンドしています。

深くそしてどこかフルーティなグレーンウイスキーは、飲みごたえ抜群です。

Amazonで見る

この濃さは真似できない「ニッカ カフェグレーン」

おすすめグレーン・ウイスキー3
グレーンウイスキーの味に慣れてきたら、こういった濃いめのグレーンウイスキーにも挑戦してみて下さい。

「ニッカ カフェグレーン」は、樽由来のウッディさ、さらにチョコレートのようなかぐわしい香りと甘みが特長のウイスキーです。

色味からもわかる通り、一般的なグレーンウイスキーとは見た目も味も異なります。甘みが強いので食後に飲むのがおすすめ。

Amazonで見る

珍しいモルトのグレーン「ニッカ カフェモルト」

おすすめグレーン・ウイスキー4
グレーンウイスキーの原料の多くはトウモロコシや小麦ですが、「ニッカ」ではモルト(大麦)原料のグレーンウイスキーづくりも行っています。

モルト由来の香ばしさを殺すことなく、しかしモルト独特の癖は抑え、とても個性的な味わいですね。

個人的にモルトのまったり感が好きなので、このグレーンウイスキーなら何杯でも飲めるなぁと思いました。

Amazonで見る

トロピカルに香るグレーン「ロッホ ローモンド」

おすすめグレーン・ウイスキー5
ここまでジャパニーズの真面目なウイスキーを紹介してきましたが、こちらの「ロッホ ローモンド」は遊び心感じる個性的な仕上がりが楽しいグレーンウイスキーです。

後味に感じるのはなぜかトロピカル。パイナップルのようなジューシーさを持っており、柑橘のさわやかさもありますね。強炭酸で割るだけでとてもリッチなお酒になります。

Amazonで見る

アイリッシュのやさしさが嬉しい「ティーリング」

おすすめグレーン・ウイスキー6
カルベネ・ソーヴィニヨン樽でフィニッシュした、香り高いアイリッシュウイスキー「ティーリング」。

アイリッシュならではの優しい風味は多くの女性を虜にしそうです。

ワイン由来のタンニンを含みながらも華やぐフルーティーさ。ちょっぴりスパイシーでくどくなりすぎないのも嬉しいポイント。これなら食前・食中・食後いつでも楽しめます。

Amazonで見る

長期熟成の香ばしさ「キャメロンブリッジ」

おすすめグレーン・ウイスキー7
グレーンウイスキーというと若い口当たりのものが多い印象ですが、こちらの「キャメロンブリッジ」は長期熟成のためかとてもまろやかで深い味わいを感じられます。

キャラメルのような香ばしさと甘さ、それにシェリーのフルーティさ。まったりくつろぐ夜のお供にはこれで決まりです。

Amazonで見る

あっという間にボトルが空になる「ガーヴァン パテントスティル NO.4」

おすすめグレーン・ウイスキー8

淡い琥珀色から想像できる通り、「ガーヴァン パテントスティル NO.4」はとにかく飲みやすいグレーンウイスキーです。

甘みは控えめでほんのりと、香りもそこそこに余韻も短め。ストレートでもすいすい飲めてしまうので、気が付くとボトルが空だった、なんてこともありそうです。

すっと消えてしつこくない後味は、食中酒としても最適。毎日飲める優秀グレーンといった風ですね。

Amazonで見る

初めてのウイスキーはグレーンウイスキーで決まり!

このように、グレーンウイスキーはそのほとんどが飲みやすく軽やかな味わいを持っています。

初めて飲むためのウイスキーを選んでいるのなら、やっぱりグレーンが最適です。

最初は軽いものから、慣れたらモルト原料のグレーンを選んでみてください。ハマりだすと止まらない、ウイスキーライフをグレーンからはじめましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする