シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【美味しいお酒の通販】人気の甘い芋焼酎おすすめランキング

【美味しいお酒の通販】人気の甘い芋焼酎おすすめランキング

芋焼酎がたまらなく好きだ!という皆さんは、焼酎を選ぶときにはやっぱりまったりと口に残る甘~い後味のものがいいですよね!

数ある芋焼酎の銘柄の中で、人気のある甘い焼酎はどれなのでしょうか?

今回は、人気の甘い芋焼酎のおすすめランキングをご紹介いたします。

>>人気の甘い芋焼酎おすすめランキングはこちら

甘い芋焼酎は原料で決まる!

芋焼酎、と一言で言っても、原料となる芋の種類はとても多いということをご存知ですか?芋焼酎に使われるサツマイモ、実は40種類以上もあるんです!

そんな中で、焼酎が甘くなる芋の品種は5種類ほどあり、有名なものではコガネセンガン、ベニアズマがありますが、あまり認知されていないものではジョイホワイト、ベニハヤトといった種類のものが挙げられます。

焼酎を買う時に銘柄を重要視する方も多いとは思いますが、今度からは原料となるサツマイモの品種で選んでみても楽しめるかもしれませんね!

では早速、品期の甘い芋焼酎を5位から1位までランキング形式でご紹介していきます。

人気の甘い芋焼酎おすすめランキング

第5位・・・シンプルなラベルが目を引く丸西焼酎「紅いもにごり」

amai_imo1
ピンクのシンプルなラベルが目を引く「紅いもにごり」は、紅イモと米麹で作られた無濾過の焼酎です。無濾過なので芋の濃厚さがダイレクトに感じられます。

紅いもの味わいそのままに、まったりとしたコクが口に含んだ瞬間に感じられます。

3年熟成でフルーティな香りを含んでいる紅芋の味を、ゆっくり味わえる焼酎です。

>>通販で見る

第4位・・・焼芋で有名な芋を焼酎に原口酒造「吉酎 赤芋仕込み」

amai_imo2
原口酒造の「吉酎 赤芋仕込み」は、焼き芋で有名な紅東と紅さつまを焼酎にしているので、芋の甘みを存分に楽しめる一本です。

原料となるサツマイモが2種類ブレンドされており、単一の原料では味わえない複雑に絡み合ったおいしさを堪能できます。

いつもと違う芋焼酎を求めている方に是非お勧めしたい焼酎です。

>>通販で見る

第3位・・・これぞ王道芋焼酎!神川酒造「照葉樹林」

amai_imo3
甘い系芋焼酎の王道の味を楽しみたいのなら、神川酒造の「照葉樹林」がおすすめです。

鹿児島県で育てられたコガネセンガンを原料としているので、豊かな甘みが特徴的。

麹と芋とが仲良く手を繋ぎ合っているような、フルーティかつ爽やかな味で、まったりとしがちな甘い芋焼酎が苦手という方でもおいしく飲むことができますよ。

>>通販で見る

第2位・・・南国の香り感じる黄金酒造「蘭 白麹」

amai_imo4
全量サツマイモを原料とした芋焼酎「蘭 白麹」は、コガネセンガンを麹にまで使用しこだわりの製法で作られています。

今までコガネセンガンを麹とすることは困難を極めるといわれていましたが、独自の製法を編み出し、コガネセンガンの魅力すべてを引き出すことができたのがこの焼酎といえます。

蘭という名前そのままに、花のような香りが広がるゴージャスな味わいが特徴です。芋焼酎の新たなステップへと踏み出したともいえるこの一本、是非お試しください。

>>通販で見る

第1位・・・独特なラベルが目を引く紫芋焼酎田崎酒造の「炎魔天」

amai_imo5
限定流通品で希少価値の高い芋焼酎、「炎魔天」をランキング第1位とさせていただきました。

こちらの焼酎、面白いのは毎年味が変わってしまうというところ。原料としているのは種子島ゴールドという紫芋で、芋の味は毎年同じものがないため焼酎自体の味も変化するのです。

味に合わせて毎年ラベルも変えており、マニアにとっては収集するという意味でも楽しみのあるお酒です。

焼き芋焼酎独特のロースト香も面白く、飽きずに飲み切れる焼酎といえるでしょう。甘い芋焼酎好きなら一度は手に入れてみたい一本です。

>>通販で見る

人気の甘い芋焼酎のおすすめまとめ

甘いお酒にも様々なものがありますが、美味しい甘い芋焼酎には独特の味わいもあり、好きな人にはたまらないお酒です。

今回紹介した甘い芋焼酎のように、原料から焼酎を選ぶのも面白いので、甘い芋焼酎に限らず試してみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする