シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フルーティで人気の芋焼酎「富乃宝山」の美味しい飲み方おすすめ7選

フルーティで人気の芋焼酎「富乃宝山」の美味しい飲み方おすすめ7選

フルーティなことで有名な芋焼酎、富乃宝山(とみのほうざん)。

通常日本酒で使われる麹を使っているため、フルーティで爽やかな味わいが特徴。

芋の甘い香りはするものの芋の癖がなく、飲みやすい味わいの芋焼酎で、芋焼酎が苦手な方やお酒初心者さんにも人気なんです。

今回は、そんな富乃宝山の美味しい飲み方をご紹介します。芋焼酎が苦手という方も、これを機に試してみてくださいね。

飲み方1 ロック

「ロックで飲める芋焼酎」を目指して作られた富乃宝山。裏ラベルにも「氷割りで旨し!」と書いてあるほど、公式おすすめの飲み方なんです。

フルーティな味わいの富乃宝山は、氷を入れるとさらに口当たりが優しくなり飲みやすくなります。

芋焼酎は、氷で冷やされることでとろりとした舌触りになります。

芋の甘みがキリっと引き締まるので、すっきりした味わいになり、食事ともよく合いますよ。

氷が溶けることによる味や香りの変化も楽しみの一つ。

まろやかな味わいが氷が溶けることでさらにまろやかに、香りもさらに華やかになっていきます。

時間をかけ、ゆっくり呑みたいときにもおすすめです。

飲み方2 炭酸割り(ハイボール)

華やかな香りとフルーティな味わいが特徴の富乃宝山は、炭酸との相性も抜群。

弾ける口当たりと富乃宝山の柑橘のような爽やかな風味がベストマッチ。

さっぱりといただきたい夏にもおすすめ。油っぽい料理ともよく合います。

おいしく作るコツは、氷をたっぷり使うことと、炭酸を注いだら混ぜすぎないこと。

混ぜすぎると炭酸が抜けてしまうので、美味しくなくなってしまいます。

時間に余裕があれば、材料を事前に冷やしておくとより美味しくつくれます。

柑橘のフルーツとの相性が良いので、レモンやライムを浮かべるのも良いですね。

酸味が加わり、さらに爽やかにいただけますよ。

飲み方3 ストレート

そのままの味を楽しみたいときは、ストレートも良いですね。

ストレートで飲むとまず気がつくのが、富乃宝山はとても香りが良いということ。

芋の甘さと白ワインを思わせる柑橘系の風味が漂う味わいは、日本酒に喩えるひとがいるほど。

これは黄麹という日本酒によく使われる麹が採用されているためです。

そのため、富乃宝山は日本酒が好きだという方にもおすすめしたい芋焼酎です。

アルコールがキツくて飲みにくいな、と感じたら、冷蔵庫で冷やして呑むのもおすすめです。

香りが控えめになってしまいますが、アルコールの匂いもあまり感じなくなり、ぐんと飲みやすくなりますよ。

飲み方4 水割り

食事と合わせたいとき、ゆっくり飲みたいときには水割りがおすすめ。

お酒にあまり強くないという方でも飲みやすい飲み方です。

焼酎の水割りは常温の水で作るのが定番ですが、富乃宝山のように冷やしてもおいしいものは、冷たい水で作るのもおすすめ。

冷たい水で作るときは、氷をたっぷり使いましょう。

使う水は軟水のミネラルウォーターがおすすめ。

ミネラルの成分が少ないので、焼酎の旨みを損なうことなく楽しめます。

飲み方5 前割り

焼酎の通な飲み方、前割り。

焼酎と水をあらかじめ混ぜておき、数日間寝かせる飲み方のことです。

元々焼酎の本場九州、特に鹿児島でお客様をもてなす際に振る舞われていた飲み方で、まろやかな味わいになり、甘みが引き立つのが特徴。

一晩寝かせただけでも美味しいのですが、3日~1週間ほど寝かせたものは、クリーミーさが一目瞭然。

水で割ってあるのでアルコール度数が下がり、飲みやすくなるのも良いですね。

そのまま冷やして呑むのはもちろん、前割りしたものを温めて飲むのも伝統的な飲み方。

温めて飲むと香りも広がり、さらに口当たりがまろやかに感じられます。寒い冬にもおすすめです。

飲み方6 お湯割り

香りを楽しみたいときにぴったりなのがお湯割り。

お湯割りは九州でも好まれている飲み方で、寒い冬に呑めば身体が温まりますよ。

沸騰直後から少し冷ました、70~80度前後のお湯を使うのがポイント。

余裕があれば、先に器にお湯を入れ、器も温めておくと良いですね。

焼酎のお湯割りは、お湯を先に入れ、焼酎を後から入れると自然と混ざります。

焼酎6:水4が定番ですが、呑み応えが欲しいときは焼酎を多めに、あっさり飲みたいときは水を多めにするなど、比率を変えられるのも良いところ。

色々試して、好みの割合を見つけてくださいね。

飲み方7 ジュース割り

柑橘系の味わいが特徴の富乃宝山は、柑橘の相性が抜群。

オレンジジュースやグレープフルーツジュースで割るだけで、口当たりがよく飲みやすいカクテルが簡単に出来ちゃいます。

炭酸との相性も良いので、ジンジャエールやサイダーなどと合わせるのも良いですね。

また、意外にもよく合うのがトマトジュース。

芋焼酎でブラッディメアリーを作ると、芋の甘みとトマトの酸味がベストマッチ。洋食にもよくあう味わいになります。

どの割り方にも、レモンやライムの果汁がよく合います。

果汁を絞ったり、浮かべたりするとより爽やかにいただけますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする