シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
定番ジャパニーズウイスキー「山崎」の美味しいおすすめの飲み方7選

定番ジャパニーズウイスキー「山崎」の美味しいおすすめの飲み方7選

サントリーの定番ジャパニーズウィスキー、山崎。

国内外のウイスキー通に愛されており、ウイスキーのガイドブックである「ウイスキー・バイブル」にて「世界最高のウイスキー」に選ばれたこともあるお酒です。

甘くて華やかな香りと芳醇な味わいが特徴。クオリティの高い味わいは、ウイスキーに初めて触れるという方にもおすすめなんです。今回は、ウイスキー「山崎」の美味しいおすすめの飲み方をご紹介します。

飲み方1 ストレート

香りが繊細な山崎。まずは何かで割ったりせず、ストレートで飲んでみてください!甘めで滑らかな口当たりと華やかな香り、リッチな味わい。

他のウイスキーとは一味も二味も違うおいしさにきっと驚くはずです。

おつまみはナッツやドライフルーツ、チョコレートなどがおすすめ。また、意外と合うのが和菓子。どら焼きやきんつばと合わせると、贅沢な時間が過ごせちゃいます。

チェイサーも準備して!

ウイスキーのように度数が高いお酒をストレートで呑むときは、チェイサーを準備しておくのがベターです。

チェイサーとは口直しに飲む飲み物のこと。水や炭酸水、お茶などが一般的です。山崎のチェイサーは、繊細な味わいを邪魔しないミネラルウォーターがおすすめ。

お酒の途中にチェイサーを挟むことで口の中がリセットされ、山崎の味わいをより楽しむことができます。さらに、酔いにくくなるというメリットもありますよ。

飲み方2 トワイスアップ

トワイスアップとは、常温の水とウイスキーを1:1で割る飲み方のこと。水割りとの違いは、氷を入れずに作ることです。ウイスキーは加水すると香りが開くので、ストレートとはまた違った味わいが楽しめます。

作り方は簡単。常温の水とウイスキーを注ぐだけ。加水された山崎はストレートのときよりも華やかな香り。樽香やバニラ、はちみつを思わせる甘みも出てきます。

より香りを楽しみたいときにはグラスにもこだわってみましょう。ワイングラスやティスティンググラスなど、足がついているグラスを使うとさらに香りが立ちますよ。

飲み方3 ロック

加水すると香りが開く山崎は、ロックもおすすめ。ロックは氷が溶けていくにつれて味わいが変わっていくのが楽しい飲み方です。

時間が経つにつれて山崎はまろやかな味わいに。口当たりもさらによくなり、スムースになります。

ゆっくり楽しめるので、読書のお供や寝る前の一杯にぴったり。より長く楽しみたいときは、大きい氷を使うと溶けにくくなります。

飲み方4 フレグランススタイル

香りを楽しみたいときに試してみてほしいのが、フレグランススタイルです。バランタインウイスキーで有名ですが、実は香りが繊細なウイスキー全般に向いている飲み方。もちろん、華やかな香りが特徴的な山崎にもぴったり!

作り方は簡単。グラスに氷を3個程度入れ、グラスが冷えるまでマドラーでステアするだけ。ロックともトワイスアップともまた違う、口当たりの良さ、香りの華やかさが楽しめます。

使うグラスは、トワイスアップと同じように、足がついているグラスを使うのがおすすめです。

飲み方5 ハイボール

山崎をカジュアルに楽しみたいときには、ハイボールはいかがですか?

香りや味わいがしっかりしている山崎は、何かで割っても味が崩れず美味しくいただけます。

暑い夏には、氷をたっぷり入れて作りましょう。炭酸の口当たりが爽やかで、山崎の華やかな香りが引き立ちます。

神戸式ハイボールも◎

ちょっと贅沢に山崎を楽しみたい……そんなときは、氷を入れずに作るハイボールがおすすめ!氷を入れないハイボールは「神戸式ハイボール」と呼ばれ、神戸を始め全国で親しまれています。

神戸式ハイボールは、氷を入れるハイボールと違いスムースな口当たり。氷によって薄まってしまわないので、最後まで同じおいしさが楽しめるのも特徴です。

美味しく作るコツは、事前に山崎とソーダを冷蔵庫でキンキンに冷やしておくこと。割合はいつもより濃い目の、山崎1:ソーダ2の割合で作るのが良いですね。炭酸が抜けてしまわないように、混ぜずにそのままいただくのがベターです。

飲み方6 水割り

寿司や刺身など和食との相性が良い山崎。食事、とくに和食と一緒に楽しみたいときには水割りがおすすめです。

公式ホームページにはウイスキー1に対して水2~3の割合がおすすめされています。水の割合を多くしても風味が崩れませんので、いろいろ試してお気に入りの割合を見つけるのも良いですね。

ウイスキーの水割りは氷を入れ、冷たい水で作るのが一般的。ミネラルウォーターを使うと、さらに美味しくいただけます。

飲み方7 お湯割り

寒い冬にはお湯割りもおすすめ。山崎をお湯で割るだけで、芳醇な香りが楽しめる、身体が温まる一杯ができちゃいます。

お湯割りを作るときは、事前にカップを温めておくと美味しく作れます。

レモンやはちみつなど、ちょい足しアレンジも◎。甘みを足すとお酒初心者さんにも飲みやすくなりますよ。

ジャパニーズウィスキー 山崎

ジャパニーズウィスキー 山崎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする