シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お好み焼き等の粉物と合う/相性の良いワインおすすめ10選

お好み焼き等の粉物と合う/相性の良いワインおすすめ10選

お好み焼きやたこ焼きなどの粉物と、おしゃれなイメージが強いワイン。一見ミスマッチに見える2つですが、粉物独特の甘辛いソースはワインと合うんです!

スパイスや果実など、味や香りの共通点が多いソースとワインは相性の良い組み合わせ。とくに果実香のあるものを選べば外れがありません。

今回は、お好み焼き等の粉物と特に合うおすすめのワインを赤ワインを中心にご紹介します。

名前通り!「お好み焼ワイン」

その名の通り、お好み焼きにあわせて開発されたワインです。名前に違わず、お好み焼きとよく合うおいしさ。

濃厚な香りとフルーツ感、スパイス感が絶妙です。苦味のないまろやかなタンニンもアクセントになっていて◎。

お好み焼きやたこ焼きの他、焼きそばなどソースを使った料理とよく合います。軽く冷やすとさらに飲みやすくなりますよ。

果実味豊かでスパイシー「ファウンダースエステート ジンファンデル」

ジンファンデルは、カルフォルニアを代表するブドウ品種。果実味が豊かでスパイスのニュアンスを持つジンファンデルは、ソースとよくあう味わい。

とくにカルフォルニアのジンファンデルは、チェリーの甘い香りとスパイシーな味わいが◎。ガツンと来るアタック強めの味わいと、柔らかい酸味とタンニンが印象的な一本です。

ビーフシチューやデミグラスソースと合わせても美味しくいただけます。

ファウンダースエステート ジンファンデル

まるで大人のジュース「ランブルスコ グラスパロッサ アマービレ」

イタリアを代表するワインの1つ、ランブルスコ。やや甘口の微発泡赤ワインで、大人のファンタグレープと呼ばれるほど飲みやすく、親しみやすい味わいが特徴です。

肉料理と合わせることが多いランブルスコですが、お好み焼きとも相性抜群!ブルーベリーやブドウを思わせるジューシーな果実味と、微炭酸ならではの清涼感。

お好み焼きのボリューム感とマッチする、食べ飽きない呑み飽きない組み合わせです。

ランブルスコ グラスパロッサ アマービレ

デイリーワインにも「レ・グロッテ・レッジャーノ・ランブルスコ・ロッソ・セッコ」

イタリア・ワイン評価本のガンベロ・ロッソ誌で、ランブルスコとしてはじめて最終選考まで残った実力派赤スパークリングワイン。

甘さと酸味が控えめで癖がなく、飲みやすい味わい。プラムやブルーベリーの香りと軽やかな微発泡の刺激が親しみやすいおいしさ。

コスパが良く、デイリーワインにもピッタリの一本。キンキンに冷やして、暑い日にゴクゴク呑みたいランブルスコです。

レ・グロッテ・レッジャーノ・ランブルスコ・ロッソ・セッコ

こってり×こってり「スリーピラーズ・ザ・グルメ・スパークリング・レッド・キュヴェ」

赤ワインのスパークリングと言えばランブルスコが有名ですが、こちらのように辛口タイプのものも存在します。ブラックベリ―になめし皮の香りが印象的。

泡の刺激が清涼感をプラスしており、後味はすっきり軽め。しっかりしたタンニンとほのかな熟成感が、甘辛くどっしりしたお好み焼きとよく合います。

こってり×こってりの食べ応え・呑み応えのあるマリアージュが楽しめますよ。

スリーピラーズ・ザ・グルメ・スパークリング・レッド・キュヴェ

コスパ最高!「コノスル シラー ヴァラエタル」

コスパが良いことで知られるコノスル。おうちでお好み焼きをするときに、真っ先に候補にあがるワインの1つなのではないでしょうか。

コノスルをお好み焼きと合わせるなら、スパイシーさを持つシラーを選ぶのがベター。とくにコノスルのシラーは酸味が穏やかで飲みやすく、お好み焼きのソースとも合わせやすい味わい。

スムーズな舌触りと赤い果実のジャムの香り、スパイシーさのバランスが◎。どんな食事とも合わせやすい程よいボリューム感が魅力です。

コノスル シラー ヴァラエタル

イキイキした酸味「フェウド・アランチョ インツォリア」

シーフードを使うお好み焼きには、白ワインもおすすめ。特に、酸味があって軽すぎない物がよく合います。

このワインの印象的なラベルはシチリア伝統のデザインのもの。ベルリンワインやジャパンワインの大会で賞を受賞した一本です。

レモンやリンゴを思わせる生き生きした果実味と酸味が印象的。口の中をスッキリさせてくれますよ。

フェウド・アランチョ インツォリア

シャブリのお手本「シャブリ ラ・ピエレレ」

お好み焼きに白ワインを合わせたいときの選択肢の1つがシャブリ。

シャブリの果実味とジューシーな酸味が、スパイシーなソースとがっちり手を結んで素晴らしいマリアージュを生み出します。

リンゴと洋梨の上品な香りが印象的な、シャブリのお手本のような一本。スッキリ飲みやすい味わいとミネラル感、キレの良い後味、樽感のバランスが良く、シャブリらしさを存分に楽しめます。

シャブリ ラ・ピエレレ

上品な甘さ「アルツァイヤー・ヴォルトベルク・リースリング・アウスレーゼ」

お好み焼きのソースにやや甘口スパークリングが合うことはランブルスコで説明しましたが、赤より白が好きという方には、白のやや甘口スパークリングワインを合わせるのもおすすめです。

リースリングを使って造られた白ワインは、上品な甘さが特徴。ソースの甘酸っぱい味わいとワインの果実味・コクがベストマッチ!柔らかい甘味が豚肉の脂とよく合います。

シャブリ ラ・ピエレレ

肉にも魚にも「ヴァントゥー・ロゼ2016」

たこ焼きやお好み焼きパーティをするとき、様々な具材を楽しみたいということもあると思います。

「いろんな具材をワイン一本で合わせたい!」というときは、ロゼワインがおすすめ!

赤ワインと白ワインの良いところ取りの味わいで、肉にも魚にも寄り添ってくれます。フローラルな香りと甘酸っぱいキュートな味わいが特徴。可愛らしいにわとりのラベルも、パーティにぴったりです。

ヴァントゥー・ロゼ2016

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする