シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウイスキー「竹鶴17年ピュアモルト」の美味しいおすすめの飲み方

ウイスキー「竹鶴17年ピュアモルト」の美味しいおすすめの飲み方

竹鶴17年ピュアモルト。ニッカウヰスキーの創業者である、竹鶴政孝の名前を冠したウイスキーです。

数々の賞を受賞したことでも知られており、17年はとくに評価の高い逸品です。

ピュアモルトウィスキーながらもブレンデッドウィスキーのように飲みやすい味わい。ピュアモルトウイスキーに抵抗があるという方にもおすすめです。

今回はそんな竹鶴17年ピュアモルトの美味しいおすすめの飲み方をご紹介します。

残念ながら原酒不足によって終売になってしまう竹鶴17年ですが、まだまだ手に入れるチャンスはあります。運よくゲットすることができたら、この記事を参考にしてみてくださいね。

飲み方1 ストレート

竹鶴17年ピュアモルトを手に入れたら、やはり最初はストレートで試してほしいところです。

17年以上熟成させたピュアモルトのみを使用しているだけあって、深みのある香りと味わいが特徴。

バニラやハチミツ、ピートが感じられる味わいがとても上品。豊かな風味が口いっぱいに広がります。

口当たりもよく余韻も長いので、ゆっくりしたい夜に楽しみたいお酒です。

チェイサーも用意すると◎。

竹鶴17年ピュアモルトのアルコール度数は43%。

アルコールの高いお酒をストレートで飲むときは、チェイサーを用意しておくのがベターです。

チェイサーとは、炭酸水や水やビールなど、度数が低い飲み物のこと。

お酒の間にチェイサーを挟むことで、酔いにくくなるのはもちろん、口の中がさっぱりしてまたお酒を美味しく楽しめるようになりますよ。

飲み方2 ロック

ストレートでは飲みにくいなと感じたとき、ロックもおすすめ。

ハイボールのように炭酸が抜けてしまうこともないので、読書や映画と一緒にゆっくり呑みたいときにもおすすめです。

氷で冷たく冷やされることでアルコールの匂いが抑えられ、飲みやすくなります。

氷が溶けだすと共に味わいが変わっていくのも楽しいですね。

竹鶴は加水で香りが開くので、また変わった味わいが楽しめます。

よりゆっくり呑みたいときは、大きな氷を使い、表面を滑らかにすると長持ちします。

レモンやライムを絞るとさらに爽やかに。夏にもぴったりです。

飲み方3 トワイスアップ

トワイスアップとは、ウィスキーと常温の水を1:1で混ぜる飲み方のことです。

ウィスキーは加水することで香りや味わいが開くので、香りを楽しみたいときにぴったり。

ウィスキー本来の味わいがわかりやすくなるので、プロがティスティングに使うほど。

使う水は軟水のミネラルウォーターがおすすめ。

竹鶴とよく馴染み、豊かな味わいを引き立ててくれます。

口がすぼまっているグラスを使うと、さらに香りが楽しめます。

飲み方4 フレグランススタイル

香りを楽しみたいときにおすすめなのがフレグランススタイル。

バランタインが有名ですが、香り高い竹鶴にもぴったりの飲み方なんです。

この飲み方には、ワイングラスのような形状をした「フレグランスグラス」を使用します。

グラスにかち割り氷と竹鶴を入れ、グラスが冷えるまでマドラーでステアするだけで出来上がり。

冷やしているので飲みやすく、氷が溶けて加水されることで香りも楽しめるのが良いですね。

ロックやストレートとはまた違ったおいしさが楽しめます。

飲み方5 ハイボール

ストレートやロックで飲むことが多い竹鶴ですが、竹鶴はハイボールでもおいしいんです!

入手困難になる前は、ハイボールでよく呑まれていたんだとか。

もともと癖がなく飲みやすい竹鶴は、ハイボールにすることでさらに飲みやすい味わいに。

竹鶴の華やかな甘い香りが炭酸で弾け、爽やかな一杯になります。

ハイボールを美味しく作るコツは、炭酸を注いだら混ぜすぎないことと、氷をたっぷり使うこと。

マドラーで氷を少し持ち上げるだけできれいに混ざりますよ。

レモンやライムで酸味を足せば、さらにさっぱりといただけます。ミントを入れ、潰しながら飲むのもおすすめ。

夏に呑みたいときにもおすすめ。油っぽい料理にもよく合います。

神戸式のハイボールもおすすめ!

神戸式のハイボールとは、氷を使わずに作るハイボールのこと。

氷が入っていないので、最後までハイボールが薄まらずに楽しめます。

その代わり、すぐにぬるまってしまうので、お酒に強い方、ペースが速い方向けです。

神戸式のハイボールを作るときは、材料を事前にキンキンに冷やしておくのがベター。

グラスも事前に冷やしておきましょう。

飲み方6 水割り

ゆっくり楽しみたいとき、食事とあわせたいときには水割りも良いですね。

あっさりしていて飲みやすいので、お酒にあまり強くないという方にもおすすめです。

トワイスアップは常温の水を使っていましたが、水割りは冷たい水と氷を使って作ります。

竹鶴と水を事前にしっかりひやしておくと、さらに美味しく作れますよ。

飲み方7 お湯割り(ホットウィスキー)

寒い冬にはお湯割りもおすすめです。

竹鶴をお湯割りにすると、竹鶴の香りが楽しめる、身体も温まる一杯になります。

使うお湯は80度くらいに冷ましたものがベストです。

あまり温度が高いとアルコールの匂いが強くなり、飲みにくくなってしまいます。

レモンやハチミツなどのちょい足しアレンジもおすすめ。

ショウガや唐辛子を少し加えれば、さらに身体が温まりますよ。

竹鶴17年ピュアモルト

竹鶴17年ピュアモルト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする