シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
厳しい格付けで守られている「ブルゴーニュのおすすめ赤ワイン」9選

厳しい格付けで守られている「ブルゴーニュのおすすめ赤ワイン」9選

ブルゴーニュ。いわずと知れた有名なフランスのワインの産地です。世界一高価なワイン(一本百万円はくだらないと言われています)とされるロマネ・コンティも、ここで造られています。

ブルゴーニュには厳しい格付けがあり、その名を名乗るにはピノ・ノワールのみを使用しなければならず、さらに一定以上の基準をクリアしたものだけ。

厳しい門を潜り抜けた者だけが名乗れるワインですから、旨さはお墨付きというわけです。

そんな厳しい格付けで守られているブルゴーニュのおすすめ赤ワインを9本選びました。

お疲れのあなたにおすすめ「レイヤンヌ&パスカル・ブレー ブルゴーニュ パストゥグラン ディヴァン [2009]」

ブルゴーニュ格付け赤ワイン

「癒し系生産者」と呼ばれるレイヤンヌ&パスカル・ブレー。癒し系の名に違わず、優しいワインを作っています。

ジューシーなイチゴ、やわらかく甘い果実味。旨みがじんわりと身体にしみこんでくるような癒しを目指しているそうですが、まさに全身を包み込んでくれるおいしさです。

週末に呑めば、疲れを癒してくれること間違いなし。一口ごとに幸せを感じられるでしょう。

どんなお料理とも合いますから、妥協せず、とっておきのおつまみと合わせて。

レイヤンヌ&パスカル・ブレー ブルゴーニュ パストゥグラン ディヴァン

ストックしておきたい美味しさ「Jモロー モロー・ルージュ」

ブルゴーニュ格付け赤ワイン

シャブリといえば辛口白、と思っている方もいらっしゃるでしょうが、これは赤ワインです。

すっと飲みやすいワインで、とてもこのお値段とは思えません。

手頃に飲むときにも、ちょっとしたパーティにも合うおいしさです。

果実味と酸味が強く、滑らかな口当たり。酸味が際立つ辛口赤ワインが好きな方におすすめ。
コルク栓なのでコルク抜きが必須です。

Jモロー モロー・ルージュ

一度は試したいピノ・ファン「ブルゴーニュ ピノ・ファン [2013]」

ブルゴーニュ格付け赤ワイン

ピノ・ノワールの亜種、ピノ・ファンを使用したワインです。ピノ・ノワールよりも凝縮感がある品種ですが、その分栽培が難しいので、あまり作っているところはありません。

開けるとまず、漂ってくる鮮やかな熟した果実とバニラの香りに驚きます。土やバラ、オークの香りもします。

タンニンはなめらかで、徐々に広がってくる果実味も美味です。

フルボディに近い重めのワインなので、負けないような濃いお肉料理と合わせたい。

ブルゴーニュ ピノ・ファン

濃縮された果汁の旨み「フィサン・ルージュ[1999]年」

ブルゴーニュ格付け赤ワイン

どっしりとした重みのある味わいが特徴のワイン。

酸味は強すぎず、華やかでフルーティ。果実ならではの甘みもあり、まるで果物をそのまま丸かじりしているかのようです。

果物の他には、バニラやインク、コーヒー、黒胡椒、獣などの繊細な香りが味わえます。

包み込んでくれるようなほっとするおいしさは、疲れた週末に開けるご褒美ワインにぴったり。単体で味わっても、とっておきのお料理と合わせても。

フィサン・ルージュ

繊細な香り「Lupe-Cholet(ルペ ショーレ)ブルゴーニュワイン コート ド ボーヌ 赤ワイン」

ブルゴーニュ格付け赤ワイン

スモーキーで繊細な香りがあり、立体感のある味わい。

ジューシーな果実とスミレやバラのフローラルな香り。スパイスもしっかり効いていて、タンニンも整っています。

開けてすぐは酸味が立っている感じですが、しばらくするとすぐに落ち着いて馴染みます。

Lupe-Cholet ブルゴーニュワイン コート ド ボーヌ

コスパ最高「ジャンクロードボワセ ブルゴーニュ ピノ・ノワール」

ブルゴーニュ格付け赤ワイン

品の良い酸味とストロベリーやブラックチェリー、バラ、スモーク、革のニュアンス。

タンニンは弱め。開けた直後は酸味が立っている印象ですが、すぐに落ち着きます。

このおいしさでこの価格はすごい! どこか影のある美しい貴婦人といった印象で、万人受けするタイプの味わいです。

少し空気にさらすと樽、バニラやチョコの甘みが前に出てきます。

油っぽいお料理との相性は抜群。口の中をさっぱりさせてくれます。

ジャンクロードボワセ ブルゴーニュ ピノ・ノワール

ジューシーな果実味「リュリー ルージュ」

ブルゴーニュ格付け赤ワイン

果実味が特徴的なワイン。野趣あふれる濃いラズベリーがとても芳醇で美味です。

酸味が際立っていて、フルーティーでジューシー。

滑らかな舌触りですが、後味はさっぱりとドライで辛口です。タンニンも滑らかでコクがあり、濃厚。

がっつりしたお料理と合わせるのが楽しい。揚げ物やすき焼きとも合います。

リュリー ルージュ

バランスの良い味わい「ジャン・ルイ・ライヤール」

ブルゴーニュ格付け赤ワイン

濃厚なコクというよりも、軽やかにすいすい呑める若い赤ワインです。

かなりシャープな口当たり。ラズベリーやブラックチェリーの果実味に、黒コショウやクローヴの果実味があります。

酸味はかなり強め。タンニンも主張してきますが、芳醇な旨みがあり、それらを美味しくまとめています。

若いワインなので、セラーで寝かせておくのも良いでしょう。

ジャン・ルイ・ライヤール

お肉料理によく合う「ルイ・ラトゥール ブルゴーニュ・ガメイ 赤」

ブルゴーニュ格付け赤ワイン
ジューシーかつスパイシー。酸味が良く、フィニッシュは旨味が強く感じられます。

食事を引き立たせてくれるそんなワインです。ぜひお肉と合わせてほしい一本です。

ベリーの香りと樽の香り。渋みは少なく軽やかで飲みやすく、果実味もあって美味しいワインです。

ルイ・ラトゥール ブルゴーニュ・ガメイ

色々なおすすめ赤ワインをまとめたページもありますので合わせて参考にして下さい。産地に分けた特集もありますよ。

おすすめ赤ワイン特集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする