シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レモンもおすすめ!ハブ酒の美味しい飲み方おすすめ7選

レモンもおすすめ!ハブ酒の美味しい飲み方おすすめ7選

ハブが丸ごとビンに入っている、インパクト大のハブ酒。

沖縄で作られている薬膳酒が始まりと言われ、今はワイン風味のものなど様々な味わいのものが出ています。

アルコールに漬けているため毒もなく、滋養強壮に良いとされているお酒です。お酒が少なくなったら継ぎ足して楽しむことができるのも魅力の1つ。

レモンやライムと合わせるのが良いとされることが多いハブ酒ですが、レモンはもちろん、いろんな楽しみ方ができるお酒です。

今回はそんなハブ酒の今回はおすすめの美味しい飲み方をご紹介します。気軽に楽しんじゃいましょう。

飲み方1 ストレート

見た目がちょっぴり怖いハブ酒ですが、まずはストレートで飲んでみてください!

漬けこんであることで、ブランデーを思わせる濃厚な味わいと、ハブ酒特有の香りを余すところなく感じられると思います。

薬膳酒なので好みが分かれる味ですが、「泡盛よりも飲みやすい」という方もいるほど。

飲みにくいと感じたときには、レモンを一搾りしてみてください。

アルコール度数が50度前後あるので、飲みすぎには注意してくださいね。

ナイトキャップにも!

また、ハブ酒はナイトキャップにもぴったり。

寝る前に少量飲むとぐっすり眠れるという方も多いようです。

ハブ酒は健康に良いので、毎日ちょっとずつ楽しみたいですね。

飲み方2 ロック

ストレートでは飲みにくいと感じたら、ロックがおすすめ。

読書や映画のお供にゆっくり楽しみたいというときにもぴったりです。

冷たくするとアルコールの臭みが緩和され飲みやすくなる上、氷が溶けることでアルコール度数も低くなります。

できるだけ長く楽しみたいというときは、大きめの氷を使うのがおすすめ。

氷の表面は滑らかに仕上げると、より溶けにくくなります。

逆に、早く冷やしたいときや、レモンやライムを絞って楽しむときはロック・ミストもおすすめ。

ロックの氷をクラッシュアイスに変えるだけで、爽やかな呑み心地が楽しめます。

飲み方3 お湯割り

冬に飲むときにはホットも良いですね。ハブ酒の濃厚な味わいに、ほっとすること間違いなし。

寝る前の一杯にもうってつけです。

沸騰直後のお湯を使うとアルコールをキツく感じることがあるので、沸騰してから少し経ったお湯を使うのが良いですね。

飲みにくいと感じたら、砂糖を足しましょう。甘みを加えるとぐんと飲みやすくなります。

はちみつや生姜、レモンを加えるアレンジもおすすめ。

飲み方4 ガンガラー(コーラ割り)

そのままでは飲みにくいなと思ったときや、生臭いハブ酒にあたってしまったら、コーラで割ってみるのがおすすめ!

コーラの甘さでハブの臭いが和らぎ、それでしっかりとハブ酒のコクや旨みを感じることができて◎。

ストレートやロックなどと比べて、ぐんと飲みやすい味わいになります。

ガンガラーもおいしい!

コーラ割りと共に試してほしいのが、ガンガラーと呼ばれるカクテル。

ガンガラーの谷という場所由来の言葉にちなんで、ガンガラーと呼ばれています。

作り方は簡単、ハブ酒のコーラ割りにレモン汁を加えるだけ。

レモンの皮が落ちていく様子を、コーラの炭酸の音が意思の音をあらわしていると言われています。

酸味が加わった分、ハブ感が薄れてさらに飲みやすくなります。

飲み方5 レモン・ライムと一緒に(ウージ畑)

濃厚な味わいのハブ酒はレモンやライムとの相性が抜群。

沖縄の果物、シークヮーサーを使うのも良いですね。

ハブの臭みを抑えてくれるだけでなく、酸味が加わることで飲みやすい味わいになります。

とくに、ハブ酒を生臭く感じたときに試してみてほしい飲み方です。

ウージ畑もおすすめ!

ウージ畑とはサトウキビ畑という意味。沖縄のサトウキビ畑をイメージしたカクテルです。

ライム(またはシークヮーサー)を入れ、砂糖を少量加えるだけ。
爽やかな味わいは、夏の暑さにもよく合います。氷を入れてロックスタイルにしても◎。

飲み方6 炭酸水割り

ハブ酒をサッパリ楽しみたいとき、食事と合わせたいときは炭酸水で割るのがおすすめ。

濃厚なハブ酒を、炭酸の弾ける口当たりが爽やかにしてくれます。

炭酸水で割るときは、氷をたっぷり使い、混ぜすぎないのが美味しく作るコツです。

アレンジも楽しみたい

レモンやライムを絞ったり、ショウガなどのスパイスを足すアレンジも良いですね。

とくにおすすめなのが、炭酸水割りに梅干しを落とし、潰しながら飲む飲み方。
梅干しの酸味とハブの味わいがベストマッチ。お互いの良いところを引き立てあいます。

飲み方7 ジンジャエール割り

コーラとの相性が良いハブ酒は、ジンジャエールとの相性も抜群。

爽やかで飲みやすい味わいは、癖になること間違いなし。

ジンジャエールで割るときは、同じく相性の良いライムを入れてモスコミュール風にするのがおすすめ。

ライムジュースを足すのはもちろんのこと、切ったライムを入れてマドラーで潰しながら飲むのも良いですね。

辛口のジンジャエールを使う場合は、ライムを足すときはガムシロップを適量入れてもおいしいですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする