シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プレミア焼酎「茜霧島」を楽しめる美味しい飲み方おすすめ10選

プレミア焼酎「茜霧島」を楽しめる美味しい飲み方おすすめ10選

プレミア焼酎として有名な「茜霧島」。

「タマアカネ」というオレンジ色のサツマイモを使用した、華やかな香りも芋焼酎です。

原料のタマアカネの収穫量に限りがあるため、入手が非常に難しい焼酎ですが、それも納得の美味しさ!

霧島シリーズの中でもダントツのフルーティで、女性やお酒初心者さんにもおすすめなんです。

今回は、茜霧島の魅力をあますところなく楽しめる、美味しいおすすめの飲み方をご紹介します。

飲み方1 ロック

茜霧島を手に入れたら、まず楽しんでほしいのが、ロック。

手軽に茜霧島のおいしさを楽しめる飲み方で、ゆっくりと楽しみたいときにもぴったりです。

茜霧島の華やかな香りとフルーティな味わいに加えて、冷やすことで茜霧島の柑橘の香りが出てきます。

また、冷やしたことでアルコールの匂いが抑えられ、飲みやすい味わいに。スッキリしたキレも増し、食事にもよく合います。

飲み方2 炭酸割り(ハイボール)

茜霧島を食事と合わせたいとき、さっぱりと飲みたいときには炭酸割りがマスト!

炭酸割りにすることで、華やかな部分はそのままに、炭酸の口当たりで飲みやすくすることができます。

白ワインを思わせる香りと味わいの赤霧島は、炭酸にすると揚げ物や洋食のこってりした料理との相性も抜群。

レモンやライムなどを絞ったり、ミントや生姜、梅干しを加えて潰しながら飲むアレンジもおすすめです。

飲み方3 ストレート

お酒に強い方、香りや味わいをよりダイレクトに味わいたい方は、ストレートが一番!

茜霧島は、華やかな香りをコンセプトに作られた焼酎。

とくに香りを重点的に楽しみたいときに、ストレートはおすすめです。

香りは温度が上がるほど強くなるので、香りを楽しむときは常温で飲むのが良いですね。

逆に、すっきりと飲みたいときは、冷蔵庫であらかじめ冷やしておくのがベターです。

飲み方4 水割り

炭酸割りが合う茜霧島には、もちろん水割りでもばっちり。

炭酸が抜けてしまう心配がないので、ゆっくりと楽しむことができます。

茜霧島4;水6が黄金比率。

焼酎の水割りは氷を入れないのが基本ですが、冷やしてもおいしい茜霧島は、氷を入れても美味しくいただけます。

ぐっと飲みたいときには炭酸割り、ゆっくり楽しみたいときは水割り、と使い分けるといいでしょう。

飲み方5 お湯割り

寒い季節にぴったりなのが、このお湯割り。

実は焼酎の本場九州でも親しまれている飲み方なんです。

アルコールとお湯の相乗効果で、身体の芯から温まります。

作るときには、沸騰から少し冷ました温度を使うのがポイント。

70度前後が一番飲みやすく、焼酎のおいしさも引き出してくれます。

せっかくの茜霧島です、注ぐ器にも一工夫。

事前にお湯を注いで温めておくと、さらに美味しくいただけます。

飲み方6 金魚

ちょっと変わった飲み方が試したいという方は、金魚という飲み方はいかがですか?

グラスを金魚の水槽に見立てる飲み方で、関東ではよく呑まれている飲み方なんです。

作り方は簡単、焼酎に大葉と唐辛子を入れるだけ。

唐辛子は輪切りでも大丈夫ですが、まるまる一本使う方が飲みやすいですよ。

和食ともよく合い、見た目もとても風流で涼やか。

お湯で作れば身体が温まる飲み物に、ロックや炭酸割りで作れば爽やかな味わいになります。

飲み方7 牛乳割り

意外にも茜霧島とよく合うのが、牛乳で割る飲み方です。

牛乳のコクと甘みが茜霧島とよく合い、スイーツ感覚で飲みやすい味わいに。お酒初心者さんや、焼酎はちょっと苦手という方にもおすすめしたいおいしさになります。

牛乳で割るときは、牛乳を多めで作るのがおすすめ。

砂糖やはちみつ、コーヒーを加えたり、豆乳やアーモンドミルクに変えるアレンジも美味しくいただけます。

飲み方8 コーヒー・紅茶割り

コーヒーや紅茶ともよく合うのが茜霧島です。

コーヒー割りや紅茶割りは、とくにスイーツと合わせたいときにおすすめ。

コーヒーや紅茶に少し垂らすだけで、香り高い味わいが楽しめます。

飲み方9 バニラアイスに垂らして

フルーティで甘みの強い茜霧島は、デザートとの相性も抜群。

ドライフルーツやチーズケーキもよく合うのですが、とくにおすすめなのは、バニラアイスと合わせる食べ方です。

ソース代わりにバニラアイスにかければ、得も言われぬおいしさ。大人しか味わえない美味です。

もったいないと思わず、一度試してほしい味わいです。

飲み方10 ジュース割り

焼酎が苦手という方や、お酒初心者さんに最初におすすめしたいのがジュース割り。

甘いジュースで割るだけで、焼酎の癖とアルコールの匂いがほとんど感じなくなり、ぐんと飲みやすくなります。

特におすすめなのは、サイダーやジンジャエールで割る飲み方。

焼酎のサイダーは手塚治虫も漫画に描いたほどで、口当たりが良い爽やかな味わいが、茜霧島とよく合います。

また、トマトジュースで割ると、洋食にもよくあう味わいに。

口当たりがよく飲みやすいので、飲みすぎには注意してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする