シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ホワイトラム(シルバーラム)」の美味しい飲み方おすすめ8選

「ホワイトラム(シルバーラム)」の美味しい飲み方おすすめ8選

あっさりした味わいが特徴のホワイトラム(シルバーラム)。

ダークラムやゴールドラムのように樽熟成をさせず、活性炭などに通して濾過するため、あっさりと飲めるのが特徴。

色が透明で癖がないので、色を大切にするカクテルによく使われます。

しかし、ラムはカクテル以外にも手軽に楽しめるお酒です。今回は、そんな「ホワイトラム(シルバーラム)」の美味しいおすすめの飲み方を紹介します。

飲み方1 ストレート

ダークラムに比べて何かで割って飲むことが多いホワイトラムですが、まずはストレートで飲んでみてください。

その香り高さと豊かな風味に驚くはず!

ホワイトラムはダークラムに比べて甘みが少なくあっさりした味わいなので、手軽に飲みたいときにはぴったりと言えます。

常温はもちろん、軽く冷やして呑むのもおすすめ。

甘みがあって飲みやすい味わいのホワイトラムですが、アルコール度数が高めのお酒です。

ストレートで飲むときはチェイサーを挟み、飲みすぎないようにしましょう。

飲み方2 ロック

ダークラムで好まれることが多い飲み方、ロック。

実はホワイトラムで作っても美味しくいただけるんです。

氷が入ることでホワイトラムが冷やされ、アルコール度数が下がるので、ストレートよりも飲みやすい味わいになります。

ゆっくり楽しめるので、映画や読書のお供にもぴったり。

癖がなくあっさりした味わいで、ついつい杯が進んでしまうおいしさ。

おつまみは、ナッツやドライフルーツがおすすめです。

飲み方3 炭酸割り(ラムハイ)

あっさりした味わいのホワイトラムは、炭酸で割ってさっぱりいただくのもおすすめ!

油っぽい料理やジャンクフードにもよくあいます。

レモンを加えると、バカルディの公式でも紹介している飲み方、ラムハイになります。

氷をたっぷり使うのがおいしく作るコツ。炭酸を加えたら、混ぜすぎないようにしましょう。

夏はモヒートも◎!

ラムの炭酸割りにライムとミントを加え、潰しながら飲むモヒートもホワイトラムおすすめの飲み方。

お酒が苦手な方にはガムシロップを少し多めに入れると、飲みやすい味わいになります。

暑い夏にもぴったりの、爽やかなカクテルです。

飲み方4 ジュース割り

癖がなく色が透明なホワイトラムは、ジュースと割るのにも向いています。

ダークラムよりもあっさりした味わいなので、どんなジュースともよくあいますよ。

とくに柑橘系や南国のフルーツとの相性は抜群。

オレンジジュースやパイナップルジュースと合わせると、手軽に夏によく合うドリンクが出来ちゃいます。

素材の色を邪魔しないので、クランベリージュースなど、きれいな色のジュースと合わせるのも良いですね。

事前に材料を冷やしておくと、さらに口当たりがよくなり飲みやすくなります。

ジュースの味わいが加わり飲みやすい上にアルコール度数も調整できるので、お酒初心者さんにもぴったりです。

飲み方5 炭酸ジュース割り

有名なラムの飲み方の一つが、ラムをコーラで割る「ラムコーク」。

ゴールドラムやダークラムで作ることが多いラムコークですが、さっぱりといただきたいときには、ホワイトラムで割ってみるのもおすすめです。

癖のないホワイトラムは、サイダーやジンジャエールなど、他の炭酸飲料との相性も抜群。

ライムやレモンを添えれば、さらにさっぱりといただけます。

飲み方6 紅茶・コーヒー割り

コーヒーリキュールや紅茶リキュールが好きな方におすすめしたいのが、紅茶とコーヒーにラムを入れる飲み方。

お酒に強くないという方も、コーヒーや紅茶に垂らすだけで、風味豊かな香りと味わいが楽しめます。

アイスに入れればあっさりとした味わいに、ホットに入れれば香りをより楽しめます。

クリームを入れたり、バニラやシナモンなどを加えるアレンジも◎。

ホワイトラムはダークラムのように甘みが強くないので、甘みを加えるのもおすすめです。砂糖の代わりに黒糖やチョコレートを入れれば、コクのある味わいになりますよ。

飲み方7 ドライフルーツを漬けて

ラムレーズンのように、ドライフルーツを漬けるのもおすすめの楽しみ方。

色が透明なホワイトラムなら、フルーツの色を損なうこともありません。

使うドライフルーツは、砂糖でコーディングされていないものが良いですね。

バニラビーンズやシナモンなど、一緒にスパイスを漬けこめば、また一味違った風味になります。

そのまま食べるのはもちろん、バニラアイスにトッピングしたり、お菓子作りに使ったり、いろいろな楽しみ方ができるおいしさです。

飲み方8 梅酒作りに

ホワイトラムは実は梅酒作りにも向いています。

ホワイトラムのアルコール度数は35~40度程度なので、梅酒を作るのに適しているんです。

梅酒を作るときのスピリッツをホワイトラムに変えると、一味違った梅酒が出来上がります。

色が透明なホワイトラムがほんのり琥珀色に染まったら飲み頃。

さっぱりとした味わいの中にラムの風味も感じられる梅酒は格別。いつものラムに飽きちゃったという方にも一度試してみてほしいおいしさです。

漬けた梅はジャムやお菓子作りにも使えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする