シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美味しいカルヴァドス(りんごブランデー)個人的おすすめランキング

美味しいカルヴァドス(りんごブランデー)個人的おすすめランキング

フランスの一部地方で作られたリンゴブランデーを他とは区別し「カルヴァドス」と呼びます。

カルヴァドスには様々なテイストがあり、それぞれをブレンドすることでおいしいカルヴァドスになるんだとか。リンゴのフルーティさが好きな方なら、きっと気に入ると思います。

今回は、筆者が個人的におすすめしたい「カルヴァドスの中のカルヴァドス」をランキング形式でご紹介します!

第8位 アイスでもホットでも「ブラー グランソラージュ」

おすすめカルヴァドス1
常温で飲むよりも、ホットやアイスで温度に変化をつけて飲むとおいしいのが「ブラー グランソラージュ」です。

カルヴァドスはとても高級なものが多いのですが、こちらは価格も良心的で庶民派。毎晩飲んでもお財布にやさしいのがうれしいポイントですね。

>>通販で見る

第7位 この濃さ間違いなし「ペールレーゼ VS コルドンヴェール」

おすすめカルヴァドス2
アルコール度数高めで濃厚なリンゴの風味が楽しめる「ペールレーゼ VS コルドンヴェール」樽の香りが大好きな人にはイチオシのカルヴァドスです。

そのまま飲んでもおいしいですが、紅茶に入れるとこれがまた美味!アップルティーのようにさわやかに飲めます。

リンゴの香りが強いので、ケーキの材料にしてもおいしくなりそうです。

>>通販で見る

第6位 なんと実入り!「ローリストン ポムプリゾニエール」

おすすめカルヴァドス3
ボトルの中にリンゴがドーン!豪快にリンゴの実を入れたカルヴァドスが「ローリストン ポムプリゾニエール」です。

かなり上質な一本なので価格はちょっとお高めですが、記念日などの特別な日の贈り物におすすめです。

話題性もありますし、ボトルごとダイニングに飾っておきたくなりますね。

>>通販で見る

第5位 カクテルベースに!「ペール マグロワール フィーヌ」

おすすめカルヴァドス4
がっつりとリンゴの香りとフルーティさ、そして青臭いフレッシュさを持つ「ペール マグロワール フィーヌ」は、カクテルベースとして最もおすすめしたい一本です。

カルヴァドスにレモンとグレナデンシロップを加えてさっぱりと飲みやすくしたり、コアントローとレモンジュースを混ぜるなど、様々なカクテルにしてその味の七変化を楽しんでみてください。

>>通販で見る

第4位 香水のようなボトルが目を惹く「ヴィエイユレゼルヴ」

おすすめカルヴァドス5
香水のようにラグジュアリーなボトルが目を惹く、輝くカルヴァドス「ヴィエイユレゼルヴ」熟したリンゴの甘く華やぐ香りは、そのままロックで飲みたくなりますね。

男性よりも女性に好まれる味だと思うので、母親への贈り物にもおすすめ。女性だけで楽しむ語らいのひと時にもぴったりです。

>>通販で見る

第3位 熟成が生んだオールドな味「デュポン オルダージュ」

おすすめカルヴァドス6
カルヴァドスはフレッシュなものが多いですが、「デュポン オルダージュ」は平均10年以上熟成させた物をボトリングしているため、しっかりと熟成させた柔らかな味わいが特徴的です。

樽由来のバニラ香、リンゴだけではなくドライなフルーツの味もありつつ、複雑な香りを楽しめます。

長い余韻も特徴で、窓辺で月を眺めながらのんびり飲みたくなる一本です。

>>通販で見る

第2位 アダムとイブのりんごを封入!?「ポム・ド・イブ」

おすすめカルヴァドス7
「イブのりんご」という意味である「ポム・ド・イブ」りんごをまるごと封入した可愛らしいボトルが特徴的です。

その製法は素晴らしく、リンゴのみが小さいうちに直接瓶にリンゴを入れ、そして瓶はリンゴの枝に括り付けます。

瓶の中でゆっくり育ったりんごを丁寧に瓶ごと摘み取り、カルヴァドスを作り上げるのです。

手間暇かかっているだけあって、お値段も高め。しかしマイルドに香るりんごとまったりとしたお酒の味を楽しめる「唯一無二」のカルヴァドスです。

>>通販で見る

第1位 ブレンドが活きる「ブラー X.O.」

おすすめカルヴァドス8
8~40年熟成した原酒をブレンドし、複雑な香味を作り上げた「ブラー X.O.」オークの香りがりんごと混ざり合い、何とも言えないシルキーさとなっています。

まずはストレートでそのままを味わってみると、なかなかに濃い!これは私には強すぎるなぁと思い水を加えてみると、香りが際立ち味はまろやかに。

品質の高さがうかがえます。食後のチーズと一緒にどうぞ。

>>通販で見る

カルヴァドスはワインのように楽しめる

カルヴァドスは同じリンゴを原料としていても、同じブドウが原料なのに味が変わるワインと同じく、すべて異なる味わいなのがとっても面白かったです。

飲みやすい味ですがアルコールはかなり強いので、紅茶やルイボスティーなんかにちょっぴり入れて飲むと飲みやすいと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする