シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
甘口で飲みやすい!人気の美味しい白ワインおすすめランキング

甘口で飲みやすい!人気の美味しい白ワインおすすめランキング

すっきり美味しく食中酒としても楽しめる白ワインですが、ワインそのものを味わうのなら、そのままでどんどん飲めちゃう甘口タイプがおすすめです。

今回は、甘口で飲みやすいからおすすめできる!人気の美味しい白ワインをランキングでご紹介します。

第8位・・・可愛い黒猫ラベルが目印「ツェラー・シュヴァルツ・カッツ」

siro1

ドイツのツェル村で生まれた、黒猫ラベルでお馴染みの「ツェラー・シュヴァルツ・カッツ」をまずご紹介します。

甘口の白ワインでは、甘さのあとにまったりと口に残るえぐみのようなものがあることも多いのですが、この黒猫ワインはそれが全くありません。後味はとてもすっきりして、嫌味が全くありません。

甘いけれどもくどすぎない。ブドウ果実の誠実な甘みのみが抽出された、気品溢れるワインといった感じですね。

>>通販で見る

第7位・・・山形の自然が生んだ高品質ワイン「まほろばの貴婦人」

siro2

日本のワインはワインというよりも、果実酒よりなものが多い印象を個人的に感じているのですが、こちらの「まほろばの貴婦人」も、そんな日本ワインのいいところを持つフルーティなワインです。

開栓すると匂い立つのはフレッシュなマスカット。飲んでみると、柑橘系の酸味のあとに、滑らかに蜂蜜のような甘みが舌の奥に残ります。

アイスワインやデザートワインのように、その甘さを楽しむ飲み方がおすすめです。

>>通販で見る

第6位・・・日本でも知名度の高い「イエローテイル モスカート」

siro3

次に紹介するこちらの「イエローテイル モスカート」は、日本でも知名度がとても高いオーストラリアワインです。

ワインと言えばヨーロッパじゃないの!とビギナーは思いがちですが、オーストラリアの干ばつ気味な土地で採れるブドウで造るワインは、とても濃厚な味がして美味しいんです。

この「イエローテイル モスカート」、ボトルを持った瞬間に甘い青春時代を思い出しました。グラスに注いで香りと味を愉しむと、そうそうこの味!昔から変わらない、確かな品質と上品な甘さ。

こちらは微発泡の白ワインですので、食前酒に最適ですよ。

>>通販で見る

第5位・・・函館のハイカラな香りがする「ナイアガラしばれづくり」

siro4

北海道でも温暖な気候の道南地区では、果実づくりがとても盛んで、ワイナリーもいくつか点在しています。

中でも函館にある「はこだてわいん」では、北海道の気候風土を前面に生かした白ワイン「ナイアガラしばれづくり」を製造・販売しています。

因みに「しばれ」とは、北海道弁で「凍る」「寒い」といった意味を持つ言葉です。つまり、ワインの原料となるナイアガラを冷凍して作ったというワインなんですね。

そう、このワインの甘さの秘訣はその「しばれ」。一度凍結することで果汁がギュッと濃縮し、濃厚かつフルーティーなワインに仕上がっています。

>>通販で見る

第4位・・・白ワインの入門に「ヴィッラ ヨランダ モスカート ダスティ」

siro5

イタリアの温暖な気候で作られた「ヴィッラ ヨランダ モスカート ダスティ」は、イタリア人のように陽気で包容力のある味が特長的なワインです。

グラスに注ぐと、鼻腔一杯に広がるのは爽やかなマスカットの香り。思わず生唾飲んでしまいます。

そして誰しもに受け入れられるであろうこの飲みやすさ、丁度いい甘み、白ワインの入門にピッタリの味ですね。若い女性にも好まれる味です。

>>通販で見る

第3位・・・今も昔も変わらぬ白ワインの女王「マドンナ」

siro6

私が初めて出会った白ワインが、この「マドンナ」です。女性のように柔らかい色合いと雰囲気を持つ独特なボトル、一目ぼれでした。

見た目から入った若造でも、このワインの美味しさはよくわかりました。フルーティでありながらも果実感を出しすぎず、控えめに後からついてくる酸味と甘み。「これがワインというものか」と、当時は驚いたものです。

性別年代を問わずにお勧めできる白ワインなら、ドイツで最もポピュラーな「マドンナ」で決まりですね。

>>通販で見る

第2位・・・希少なブドウを使用!「サンタアリシア レイト・ハーベスト」

siro7

ワインに使用するブドウの中ではとても高級かつ希少な「マスカット・オブ・アレキサンドリア」を使用して作られた貴腐ワインが、「サンタアリシア レイト・ハーベスト」です。

高級なマスカットを更に貴腐させてその希少さを増しているのですから、お値段高めかと思いきや、意外に手頃に買えちゃうのが嬉しいポイント。

開栓してみると、もう香りだけで甘口だということが解るぐらいに濃厚なマスカットの香りが漂います。

飲むとさすがの貴腐ワイン、やっぱりグーッとマスカットが濃厚です。食前や食中よりも、食後のデザートとして楽しめちゃう超旨口貴腐ワインといった感じですね。

>>通販で見る

第1位・・・北海道ナンバーワンの実力「おたる特撰ナイヤガラ」

siro8

堂々の第一位は、北海道ナンバーワンの実力を誇る「おたる特選ナイヤガラ」とさせていただきました。

国産のワインは甘め、というイメージだと山形ワインの紹介でお話ししましたが、実は北海道ワインのつくる「おたるシリーズ」の白は、ほとんど辛口テイストなんです。国産ワインの果実感を味わえると思いきや、本格派の白の味が特徴的な「おたるシリーズ」の白の中で、アイスワインのように楽しめる濃厚な甘口白がこの「おたる特選ナイヤガラ」です。

ナイヤガラのフレッシュで爽やかな香りと適度な酸味を残しつつも、凍結果汁で濃厚かつ芳醇な甘口に仕上げてあります。北海道の乳製品によく合いますよ!

>>通販で見る

まとめ

ワインは赤も白もどちらも甲乙つけ難いですが、手軽につまみなしで味わえるのが甘口白のいいところです。

今回紹介した8品も、そのまま美味しく飲めるワインですので、大切な人と過ごすひと時を彩る一本として是非一度お試しくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする