シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブイヤベースに合う/相性の良い「ワイン」おすすめ10選

ブイヤベースに合う/相性の良い「ワイン」おすすめ10選

魚介類と香味野菜を煮込んだ料理、ブイヤベース。おしゃれなイメージがあるブイヤベースですが、現地フランスでは日本で言う寄せ鍋的な存在。

漁師さんの家庭料理として親しまれているんです。フランスで食べられてきただけあって、フランスのワインと相性の良い料理。

また、魚に合うワインも相性抜群です。今回は、ブイヤベースと特に合う相性の良いおすすめのワインをご紹介します。

キレの良い味わい「コート ド プロヴァンス 白」

ブイヤベースはフランスのプロヴァンス地方でよく食べられている料理。同じ地方で造られているワインを合わせるのはマリアージュの鉄則です。

グレープフルーツやライムを思わせるすがすがしい柑橘の香りと味わい。後味の渋みと苦味が全体を引き締め、キレの良い味わいに仕上げています。

ボリュームがある飲み口が、旨みたっぷりの魚介類とよく合いますよ。

コート ド プロヴァンス 白

鉄板の組み合わせ!「カシー ブラン」

プロヴァンスで作られるカシーというワインは、ブイヤベースに合わせるワインの鉄板として知られています。赤やロゼもありますが、ブイヤベースと合わせるならまずは白がおすすめ!

果実味が芳醇。優しい口当たりとスパイシーな香りもある複雑な味わいが美味。

優しい酸味のおかげでスッキリドライに仕上がっており、どこか日本酒のような雰囲気も感じられます。石灰のミネラルと潮のニュアンスが魚介類とよく合います。日本の鍋と合わせても。

前菜からデザートまで「カシー・ロゼ クロ・サント・マグドレーヌ」

カシーで作られているロゼワインです。ドライな印象を受ける口当たりですが、軽快でキレイな酸味があり、果実味もキュート。意外とボリュームがあり、軽やかなだけではない奥深い味わい。

ほんのり感じる甘味も◎。前菜からデザートまで一本で済ませたい! というときにもおすすめです。

カシー・ロゼ クロ・サント・マグドレーヌ

貝やイカと合わせて「ウマニ・ロンキ カサル・ディ・セッラ」

魚介料理が多いイタリアも、魚介類とよく合うワインが良く作られている地区。潮の香りを持つワインが多く、とくに貝やイカなどとよく合います。

有名ワイン漫画でも紹介されたワインは、この価格で手に入るものとは思えないおいしさ。コクとミネラル感が印象的。ほどよい苦味と酸味が全体をきりっと引き締めています。

ウマニ・ロンキ カサル・ディ・セッラ

個性的な味わい「トルマレスカ シャルドネ」

ちょっぴり個性的なイタリアのシャルドネです。オレンジの花や白桃の熟した香りに、フレッシュなミネラル感、潮の香り、ほのかな樽。

それらと果実味と爽やかな酸味があいまって、個性的な味わい。

この個性的な味わいが、魚介類のコクや旨みとベストマッチ! 今まで味わったことがないマリアージュを楽しめます。

トルマレスカ シャルドネ

スッキリ飲みやすい「ソアヴェ アレグリーニ」

「イタリアNo.1生産者」に輝いたアレグリーニ。そんな名門ワイナリーが作る白ワインは、シャープな酸味がすがすがしい一本。

フレッシュな柑橘の酸味と洋梨の香り、ミネラル感にほんのりハチミツのニュアンス。イーストのニュアンスも感じます。

すっきり飲みやすい上品な味わいは、万人受けするおいしさ。酸味と甘みのバランスが◎。余韻も長く続きます。

和食とも合う「ラインガウ リースリング・フォルラーツ」

スッキリした酸味が特徴の辛口リースリングも、ブイヤベースとよく合うワインの1つ。ドイツ5大畑の名を冠するワイナリーが作るリースリングは、ピュアな酸味が特徴。

青りんごの香りと白桃のような優しい果実味が印象的。穏やかな飲み口が、料理にそっと寄り添ってくれます。お刺身やてんぷらなど、和食と合わせるのもおすすめです。

ラインガウ リースリング・フォルラーツ

きれいな酸味「コート ド プロヴァンス ロゼ」

フランス、プロヴァンス地方で作られているロゼワインです。ロゼワインは、同じ色をしたトマトや海老を使ったブイヤベースと相性抜群!イチゴのフレッシュな香りが印象的。

食事に合わせやすいバランスの良さ。きれいな酸味があり、コクとスッキリさを兼ね備えています。雑味がなく飲みやすいのも良いですね。ブイヤベースだけでなく、様々な洋風料理とよく合います。

コート ド プロヴァンス ロゼ

女子会やパーティに「ラーム・ドゥ・ローズ」

女子会やパーティにもおすすめなのが、このロゼワイン!色がきれいで薔薇のエチケットも◎。

SNS映えもばっちりです。中身はすっきりフルーティな辛口。シャープな飲み口はまさに「辛口淡麗」の言葉がぴったり。

飲みやすい味わいは、ロゼワインをあまり飲まないという方にもおすすめです。前菜からデザートまでこれ一本!な手軽さも魅力的。生牡蠣などともよく合います。

軽快な飲み口「レフォスコ ダル ペドゥンコロ ロッソ」

料理の関係でどうしても赤ワインを合わせたいときや、トマトやお肉、チーズも入っているどっしりしたブイヤベースには、軽めの赤ワインを合わせるのがベター。

ピノ・ノワールなども良いですが、日本の食卓にも合う味わいの赤ワインを合わせるのも良いですね。

フォスコ ダル ペドゥンコロ ロッソ100%で作られたこのワインは、軽やかでバランスの良い味わいが特徴。ブルーベリーの果実味と紅茶、ほのかなカカオのニュアンスが印象的です。

レフォスコ ダル ペドゥンコロ ロッソ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする