シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リキュールのお酒を楽しめる美味しい飲み方/割り方おすすめ9選

リキュールのお酒を楽しめる美味しい飲み方/割り方おすすめ9選

お酒初心者さんにもおすすめなのが、リキュールのお酒。

べリーや柑橘系などのフルーツの味のもの、生クリームやコーヒーのようなデザート感覚でいただけるものから、ハーブのものまで種類もさまざま。

特にカルーアやルジェ・クレーム・ド・カシスは、居酒屋などでも見かける人気のお酒です。

しかしそのまま呑むには度数も高く、味も濃いことがほとんど。おいしく呑もうと思ったら、ちょっとした工夫が必要です。

今回は、リキュールのお酒を手軽に楽しめるおすすめの飲み方/割り方を紹介します。

飲み方1 炭酸割り(ハイボール)

どんなリキュールでもよくあうのが、無糖の炭酸水で割る飲み方です。

炭酸のおかげで爽やかな味わいになり、食事との相性も抜群。アルコール度数もぐんと下がるので、お酒初心者さんにもおすすめの飲み方なんです。

炭酸割りに特に合うのは、果物を使ったリキュール。

カシスやラズベリーなどのベリー系を使えば、見た目も色鮮やかなドリンクになります。

また、ミントリキュールなどのハーブを使ったお酒を炭酸で割ると、よりさっぱりとした味わいに。夏にもぴったりです。

飲み方2 水割り

リキュールそのものの味を楽しみたいときには、水で割ってみるのも手。

お酒にあまり強くない方にもおすすめの飲み方です。

特に果物やハーブを使ったリキュールは、水割りで呑むとすっきりした味わいが楽しめます。

また、意外にもおいしく呑めるのは、カルーアなどのコーヒーのリキュール。濃厚な味が水で割るとすっきりした味わいになります。

レモンやライム、オレンジなどを絞るアレンジもおすすめです。

飲み方3 ジュース割り

果物やハーブを使ったリキュールは、ジュースで割るのもおすすめ。

リンゴやオレンジのジュースで割れば、甘くて飲みやすいドリンクに早変わりです。

手軽に材料が手に入り、作るのも簡単なのが良いですね。

果物のリキュールはもちろん、ココナッツや生クリーム、紅茶の味わいのリキュールを使うのもおすすめ。

また、飲みにくいハーブのリキュールも、ジュースで割ればぐんと飲みやすくなります。

飲み方4 炭酸ジュース割り

コーラやジンジャーエールなど、炭酸ジュースで割るのも飲みやすい味わいになります。

とくにコーラはどんなリキュールとも相性抜群。ココナッツで割れば夏にもぴったりの味わいに、紅茶で割れば甘いながらもすっきりした味わいに。

コーヒーリキュールとも意外とよく合います。

また、ジンジャーエールは果物系のリキュールと特に相性が良いのでおすすめ。

柑橘系のリキュールなら爽やかな味わいに、ベリー系なら見た目も鮮やかなカクテルになります。

飲み方5 牛乳割り

意外とどんなリキュールとも合うのが、牛乳。

紅茶やコーヒー、カスタード、チョコレートなどのほか、カシスやメロン、ミントや桜などともよく合います。

アレンジがしやすいのも牛乳割りの特徴。

生クリームを少々注いだり、泡立てて浮かべるだけで、リッチな味わいになります。

飲み方6 お茶割り

すっきり飲みたいときにぴったりなのが、お茶割り。

特に紅茶や烏龍茶は、どんなリキュールともよくあいます。

果物系のリキュールと合わせれば、レモンティーやラズベリーティーが簡単にできてしまいます。

また、ヨーグルトを使ったリキュールと合わせても、甘酸っぱくて美味。果物を浮かべるのもおすすめです。

桜や柚子など、和の食材を使ったリキュールは、緑茶とも相性抜群。

お茶によって味わいがかなり変わります。いろんな組み合わせを試して、お気に入りを見つけてくださいね。

飲み方7 コーヒー割り

リキュールはコーヒーにもよく合います。とくにコーヒーリキュールやチョコレートリキュールは、コーヒーとも相性抜群。
コーヒーにちょっと垂らすだけで、豊かな風味が楽しめます。

温かいコーヒーに加えれば、冬の夜にもぴったりの飲み物に。

生クリームやシナモン、卵黄などを加えれば、デザートの代わりにもなります。

また、意外にもよく合うのが、紅茶のリキュール。複雑な香りがコーヒーの香りと合わさり、ティータイムにもよく合う味わいになります。

飲み方8 カクテル

スピリッツと合わせると、度数がちょっぴり強めのカクテルになります。

使う材料によって、甘いものからすっきり辛めのものまで味わいもさまざま。

最初はバーなどに行って頼むのがおすすめです。

リキュールを使ったカクテルは度数が強く、口当たりが良いものが多いので、飲みすぎには注意。カクテルを呑んだら、適度に水を飲んで休憩しましょう。

飲み方9 お菓子作り

リキュールはお菓子作りにも大活躍!

隠し味に使えば、ちょっぴり大人の味わいになります。

ベリー系のリキュールは、美しい色を生かせるゼリーにするのがおすすめ。

オレンジのリキュールはココアやチョコレートを使ったお菓子にもよく合います。

クッキーやケーキなど焼き菓子の生地に使えば、アルコールが飛ぶので、子供も楽しめます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする