シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイビール「シンハー」「チャーン」「LEO」の味の違いを徹底比較

タイビール「シンハー」「チャーン」「LEO」の味の違いを徹底比較

タイは夏の気温がかなり高いためかタイ国民はビールが大好き!タイ国内ではスーパーやコンビニで手軽にビールが買えますし、種類もとても豊富です。

タイ旅行に訪れた際に飲んだあの味を、日本にいても飲みたい!と思っている人も多いことでしょう。しかし、銘柄ごとにどんな味だったか思い出せず、「どの銘柄を買うべきかわからない!」と迷っていませんか?

今回は、タイビールの人気三大銘柄「シンハー」「チャーン」「LEO」にスポットを当て、その味の違いを徹底比較してみました!

タイビールの味や特徴は?

タイビールの味
まずはタイビール全体の味の傾向についてですが、日本のビールと比べて「麦の味が薄い」というのが特徴です。

とにかく暑い国ですから、ビールの味よりも「飲みやすさ」や「爽快感」を大切にしているのがよくわかります。

しかし、銘柄によって不思議な個性があるのがなんとも面白く、タイに滞在している間は全種制覇したくなる気持ちも出てきてしまうぐらいです。

タイビールの3大銘柄の味を比較しました!

では早速、ここからはタイビールの3大銘柄の味の比較レビューに移りたいと思います!

タイのビールといえばやっぱりコレ「シンハー(SINGHA)」

シンハーの味
タイビールといえば、真っ先に出てくる銘柄は「シンハー」ですよね。最近では日本国内でも取り扱うスーパーが出てきたぐらいですから、その知名度は文句なしのナンバーワンです。

タイのビールの中では最も日本のビールに近く、ドライで爽快感があり、のど越しやキレも良く感じられます。

炭酸も強めで「ビールを飲んでいる!」と実感できるビールなのですが、日本のビールよりも口当たりが強く、一口目は「1缶飲めないかも」という印象でした。

しかし飲み進めるとやはり美味しく、日本のおつまみに代表される「から揚げ」が恋しくなる味ですね。

Amazonで見る

象のラベルでおなじみの「チャーン(Chang)」

チャーンビールの味
タイの若者に特に好まれているという「チャーン」は、日本のビールとは全くと言っていいほど異なる味を持っています。

まず感じるのはその「薄さ」。確かに飲みやすさはありますが、麦とホップの香りと味が大好きでビールを飲んでいる方は、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

しかし確かな苦みアリはあり、辛みや酸味、甘みといった複雑な味を持つタイ料理と合わせると不思議とこれが合うんです。

試しにトムヤムクンやガパオライス、フォーなどを並べてタイ料理パーティをしてみてください。そしてその傍らに「チャーン」なら、料理もビールもとても美味しく感じること間違いなしですよ!

Amazonで見る

女性向けタイビール「レオ(LEO)」

レオの味
女性にとって、ビールの苦みや強い炭酸ってかなり苦手な部類に入りますよね。しかし黒ビールやホワイトビールなら大好き、という女性が多いのも事実です。

タイビールの中で、最も女性向けでなビールがこちらの「LEO」、味はほんのりと甘く、強い酸味も特徴です。

フレーバービールのようにゴクゴク飲める一本ですね。和食や洋食とも合いそうです。

Amazonで見る

タイのビール3銘柄比較まとめ

最後に、「シンハー」「チャーン」「LEO」それぞれの特徴を軽くまとめたいと思います。

  • 「シンハー」 → 一番日本のビールに似ていて麦の味が強い。日本で飲んでもおいしい。
  • 「チャーン」 → 味や香りは薄いが苦みが強く、味や油の強い料理に合う。暑い日に飲みたい。
  • 「LEO」 → 女性でも軽く飲めてしまう優しいビール。甘みや酸味があり、そのまま飲んでもおいしい。

個人的にはビールの苦みがちょっと苦手なので、「LEO」が一番飲みやすく感じました。

日本のおつまみに合うのは「シンハー」、タイ料理パーティーをするなら断然「チャーン」がおすすめだと思います。

それぞれシーンに合わせて、自分なりの美味しい飲み方を見つけてみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする