シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
うまい!ノンアルコール「無添加ドイツビール」おすすめ3銘柄を比較

うまい!ノンアルコール「無添加ドイツビール」おすすめ3銘柄を比較

休肝日を作りたいときや運転をしなければいけないとき、それでもビールが飲みたい!!という瞬間がありますよね。

日本のノンアルコールビールも今ではだいぶ種類も増え、いろんなものが販売されていますが、皆さんは、海外のノンアルコールビールを飲んだことがありますか?

日本のノンアルコールビールも美味しいですが、ドイツのノンアルコールビール、すごいんです。

今回は、ビールの本場であるドイツのノンアルコールビールについてご紹介しようと思います!

国産のノンアルコールビールとドイツのノンアルコールビールの違い

おすすめノンアルコールビール

まずは、日本のノンアルコールビールとドイツのノンアルコールビールの違ったところを比較してみましょう!

アルコール含有量の違い

日本では、酒税法によりアルコール分が1%未満だと「酒類」という分類にはならず、「ビールテイスト飲料」という分類になります。

それと比べてドイツでは、0.5%未満が「ビールテイスト飲料」という分類になり、ドイツのノンアルコールビールのほうがアルコール含有量が少し少ないのです。

ちなみに、0.6~0.9%のアルコール量のものは酒類になり、「ローアルコール飲料」という分類になるそうです。

ノンアルコールビールの造り方の違い

日本のビールは、酒税法によって、最初の工程から「ノンアルコールビール」を造らなければいけません。

なので、ビールではない別の材料を使って、1から「ビールのような味がする飲み物」を造らなければいけないのです。

ところがドイツなどの海外では、「完成した本物のビールからアルコール分を抜く」という造り方をしています。

なので、ドイツのノンアルコールビールは、本物のビールと成分がほぼ同じ!

その上、添加物が入っているものが少なく、しっかりしたビールの味を感じることができます。

造り方の点を見ると、本物のビールの成分が入っている海外のノンアルコールビールの方が美味しいのは歴然ですね。

ドイツのノンアルコールビールのオススメ3選

それでは、ドイツのノンアルコールビールでオススメのものをご紹介します!

ノンアルコールビール ヴェリタスブロイ

おすすめノンアルコールビール
創業400年の老舗ブルワリーが開発に携わったノンアルコールビールです。

ピルスナータイプのビールからアルコール分を抜いて造られています。

プレミアムモルト、ファインホップ、天然水のみを原料として造られているので、本場ドイツのビールのうまみがしっかり残っています!

もちろん添加物も無し!豊かな旨みとコク、シャープなキレがしっかりしていて、深みもありますが爽やかな喉越しが心地良いです!

アルコール分は0.0%以下と、「ノンアルコール」という部分でもかなり優秀な1本です!

日本のノンアルコールビールはカロリー0が多いですが、こちらはカロリーは13Kcalと、カロリーを気にする方はちょっとガッカリかもしれませんが、本物のビールから造られているのでその点は仕方ありませんね…!

ノンアルコールビール ヴェリタスブロイ 缶 330ml

ノンアルコールビール ヴェリタスブロイ 缶 330ml

ビットブルガードライブ 0.0%(ノン・アルコール)


ドイツの高品質ビールの会社として最大級の「ビットブルガー社」のノンアルコールビール。世界中のレストランやホテルでも銘柄指定されて置かれている人気商品です!

こちらもこだわりの水・ホップ・麦芽により造られたピルスナービールから造られています。そしてもちろん、嬉しい無添加。

口当たりは軽やかですが、豊かなモルツ感と爽やかなホップの旨みがギュッと詰まっています!本当のビールと間違ってしまうほどの、本物志向のしっかりビール味のノンアルコールビールです!

少々お値段は張るので、日常的に飲むには少し厳しいかもしれませんが…。ちょっと贅沢したい日や、パーティーのときなどに用意しておくと喜ばれるかもしれませんね。

ビットブルガードライブ 0.0%(ノン・アルコール)

ビットブルガードライブ 0.0%(ノン・アルコール)

My Wine CLUB ベッカーズ ノンアルコールビール

おすすめノンアルコールビール

ドイツの老舗ブルワリーである「カールスバーグ社」のノンアルコールビールです。こちらはなんと、アルコールは0.00%!!

そのため、飲食に関して厳しいイスラム教が定める審査基準もクリアし、世界中の人々から愛されています。

麦芽100%による旨みとコク、すっきりとしたキレはしっかりしていて、苦味はやや優しい印象です。

苦味が少ないので、ビールの味が苦手だけど乾杯のときに飲まなきゃだめだから…というような方は、他のノンアルコールビールよりも飲みやすいので、オススメです!

ドライな飲み口が好みの方は、少々甘ったるく感じてしまうかもしれませんが、添加物も使用していませんし、2本目からは甘みは気にならなくなりました!

My Wine CLUB ベッカーズ ノンアルコールビール 330ml×24缶 【1ケース】 33…

My Wine CLUB ベッカーズ ノンアルコールビール 330ml×24缶 【1ケース】 33…

比較のまとめ

おすすめノンアルコールビール

日本のノンアルコールビールとドイツのノンアルコールビールは、最初の造り方から違うので、ある意味別の飲み物かもしれません。

日本のノンアルコールビールももちろん美味しいものがたくさんありますが、お酒好きとしてはやはり、本物のビールから造られているドイツのものを選んでしまいます!

そんなドイツのノンアルコールビールでもまた色々な種類があり、色々な味があるので、ノンアルコールビールの世界も奥深いです。

これならお酒に弱いけど雰囲気を味わいたい方や、飲酒できない時などでも、少し楽しく過ごせそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする