シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人気の芋焼酎「三岳」の美味しい飲み方おすすめ6選

人気の芋焼酎「三岳」の美味しい飲み方おすすめ6選

人気の芋焼酎、「三岳」

三岳とは、屋久島の3つの山、宮之浦岳、永田岳、黒味岳のこと。その名の通り鹿児島の世界遺産である屋久島で作られており、仕込む水にも使用されています。

年間生産量が少なく、プレミアム価格で提供されることが多い三岳ですが、他の鹿児島のプレミア焼酎に比べて入手しやすいのが嬉しいところ。

芋の臭さがあまりなくまろやかな味わいなので、芋焼酎が苦手な方にもおすすめです。

そんな三岳を運よく手に入れられたら、いろいろな飲み方で楽しみたいですよね。今回は芋焼酎「三岳」にぴったりの美味しいおすすめの飲み方を紹介します。

飲み方1 ストレート

芋焼酎にしては匂いが控えめで、飲みやすい味わいの三岳。

やはり最初はストレートで飲んでみましょう!

まろやかな飲み口と、軽やかな味わいが特徴。苦味があるのでキレも良く、食事とあわせても◎。

芋焼酎の芋臭さはあまりなく、癖もない味わいなので、女性やお酒初心者さんにもおすすめ。

泡盛と同じ白麹で仕込まれているため、泡盛に似た風味も感じられます。

焼酎をストレートで飲むときは、チェイサーを用意しておくのがベター。

焼酎の間にチェイサーを挟むことで、酔いにくくなるのはもちろん、口の中がリセットされて三岳の味がより楽しめます。

チェイサーは水、炭酸水の他、三岳にはお茶もよく合いますよ。

温度にもこだわって!

三岳は香りが良いので、香りを楽しむ飲み方がおすすめ。

常温~人肌くらいの温度がもっとも香りが立ち、美味しくいただけます。

逆に軽くいただきたいというときは、冷蔵庫で冷やして呑むのも良いですね。

冷やすと香りが抑えられるので、さらりと飲みやすい味わいになります。

飲み方2 お湯割り

三岳のおすすめの飲み方が、お湯割り。

鹿児島でも親しまれている芋焼酎の飲み方で、夏もお湯割りで飲むという方も多いんだとか。

芋焼酎の香りは温度が上がると立ちやすくなるので、香りが良い三岳と相性抜群なんです。

お湯割りを作るときには、お湯を先に入れ、後から焼酎を注ぐとうまく混ざります。

鹿児島では沸騰したお湯を使うことが多いお湯割りですが、あまり温度が高いとアルコールの臭いが目立ち、飲みにくいと思います。

お湯の温度は暑すぎず冷たすぎない、人肌くらいにするのが良いですね。

使う器はお湯で事前に温めておくと、さらに香りが楽しめます。

分量は、まずは三岳1:お湯1の同量で割るのがおすすめ。

そこからお好みの分量にしていきましょう。

飲み方3 ロック

口当たりの良い三岳には、ロックもおすすめの飲み方。

冷やすことでさらに軽い飲み口になり、加水されたことが甘みも強くなるので、ストレートではちょっときついと感じたときにもおすすめです。

ゆっくり呑みたいときには、使う氷を大きめの物にするのがベター。

氷は大きければ大きいほど溶けにくくなるので、三岳が水っぽくならずに最後まで楽しめます。

逆にさらりと飲みたいとき、三岳をすぐ冷やしたいときはクラッシュアイスを使うのがおすすめ。

気分によって使い分けましょう。

飲み方4 水割り

炭酸が抜けてしまったり、氷が溶けてしまったりしないので、ゆっくり飲みたいときには水割りがぴったり。

水で割ることですいすい呑めるので、食事中に呑みたいときにも向いています。

三岳は加水してもおいしくいただけます。アルコール度数もぐんと下がるので、飲みやすくなりますよ。

焼酎の水割りは氷を入れず、常温の水で作るのが定番です。

使う水は軟水のミネラルウォーターが最もおすすめですが、水道水を煮沸したものでも大丈夫です。

飲み方5 炭酸割り

暑いときや、さっぱりと三岳を楽しみたいときは、炭酸割りがおすすめ。

炭酸で割ると、加水されたことにより三岳がフルーティな味わいに変化します。炭酸の弾ける口当たりもあいまって、爽やかな飲み物に大変身。

炭酸割りを作るときは、混ぜすぎないようにするのがベター。

最初は三岳1:炭酸3くらいの比率が失敗しにくくおすすめです。

三岳の炭酸割りは、ライムやミントとの相性も抜群。

マドラーで潰しながら呑めば、さらに爽やかな味わいに。夏にぴったりのカクテルになります。

飲み方6 ジュース割り

癖のない三岳はジュースで割るのもおすすめ。

ジュースで割るだけで口当たりがよくなるので、とくにお酒初心者さんにおすすめです。

三岳はグレープフルーツジュースと合わせるのがおすすめ。

グレープフルーツの苦味と三岳の苦味がベストマッチ。グラスのふちに塩をつける「スノースタイル」にするのも良いですね。

ライムとの相性が良い三岳は、モスコミュールのようにジンジャエールと合わせるのも◎。

ジンジャエールは辛口のものを使用するほうがさっぱりといただけます。

また、意外にもよく合うのが、トマトジュースで割る飲み方。

三岳の芋の香りとトマトの酸味、甘みがよく合います。食事ともよく合う、ぐいぐい飲めてしまうおいしさ。生のトマトを入れて潰しながら飲んだり、ミントや塩を加えるアレンジも◎。

ブラッディメアリーが好きな人におすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする