シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美味しいシングルモルト「アイランズモルト」のおすすめ銘柄7選

美味しいシングルモルト「アイランズモルト」のおすすめ銘柄7選

アイランズモルトとは、アイラ島を除くスコットランドの島々で造られているシングルモルトウイスキーのこと。

スカイ島、オークニー諸島、ジュラ島、アラン島、ルイス島などの島にある蒸留所では、毎年個性的なボトルが生まれています。
海が近いので、潮の香りがするボトルが多いのが特徴。

それぞれの島の個性を味わえるアイランズモルトは、ウイスキー好きが注目している地域の1つなんです。

今回は、シングルモルト「アイランズモルト」のおすすめの銘柄をご紹介します。

ハニー&スモーキー「ハイランドパーク 12年」

美味しいアイランズモルトのおすすめ

アイランズモルトの中でも最も有名な銘柄の1つ、ハイランドパーク。スコットランド最北端に位置する蒸留所で造られています。

何よりも特徴なのは、とろっとしたはちみつ感とスモーキーさ。華やかなフルーティの香りとわらや干し草の香りが印象的です。

どっしりしっかりしたボディを持つ呑み応えのある一本。シングルモルトの中では飲みやすい味わいなので、初心者さんにもおすすめ。

ストレートやロックにすれば食後酒にするのが一般的ですが、ハイボールにすれば食中酒にもぴったり。加水をするとシェリー樽由来の甘みが前に出てきて飲みやすくなりますよ。

ハイランドパーク 12年

癖のある海の香り「タリスカー 10年」

美味しいアイランズモルトのおすすめ

ハイランドパークと並んで有名なウイスキーであるタリスカー。アイラモルト好きにはたまらない味わいのお酒です。とにかく海の香りが強いのが特徴。ドライフルーツのような甘味やバニラのような爽やかな香りがあり、余韻はコショウのようなスパイシーさが感じられます。

かなり癖がありますが、バランスの良い逸品。黒コショウを振りかけて呑む「スパイシーハイボール」もおすすめ。ステーキやサーモンとの相性は抜群です。

意外にも甘いものとの相性が良いので、チョコレートと合わせても美味しくいただけます。スパイシーハイボールと合わせれば、面白いマリアージュが楽しめますよ。

濃厚な甘み「スキャパ スキレン」

美味しいアイランズモルトのおすすめ

「スキレン」とはノルウェー語で「輝き」「明るい空」という意味。有名なブランデッドスコッチ、「バランアイン」のキーモルトとしても使用されています。

麦芽を乾燥させる際ピートを使用しないので、癖がなく飲みやすい味わい。舌触りはとても滑らか。

洋梨や花のような香りに、バニラのような甘い香り。味わいも香りに違わず濃厚な甘みを感じられます。余韻は柑橘のような爽やかさもあり、すっと抜けていきます。

呑み飽きない癖のないおいしさは、シングルモルト初心者さんにもおすすめです。

スキャパ スキレン

穏やかで飲みやすい「アイルオブジュラ 10年」

美味しいアイランズモルトのおすすめ

アイランズの入門として名高いアイルオブジュラ。アイラ島の近くにあるジュラ島で造られていますが、アイラモルトほど癖が強くなく、飲みやすい味わいをしています。

スコットランドではコストパフォーマンスが良いこと、なによりクオリティの高さから、3番目に消費されているブランドとなっています。

フレッシュなリンゴやオレンジを感じる華やかな香りと、やはりリンゴのような甘い味わいが印象的。といっても味わいは香りほど甘くなくすっきりしています。

ストレートでじっくり飲んでも、ハイボールで食事とあわせてもおいしい一本です。

アイルオブジュラ 10年

甘酸っぱいおいしさ「アランモルト 10年」

美味しいアイランズモルトのおすすめ

期待のニューフェイス、アイルオブアラン蒸留所で造られているシングルモルトです。アイルオブアラン蒸留所は、1995年に操業して以来、高い評価を受け続けている蒸留所。

アランモルトはノンピート麦芽を使っており、麦の甘みが強く感じられます。フルーツのような甘酸っぱさが印象的。樽由来の香りと麦の味わいが合わさって、バランスの良い味わい。

加水すると違う顔が見られるのも特徴。トワイスアップやハイボールにするとほろ苦さとスパイシーさが前に出てきて、甘みが控えめになります。

アランモルト 10年

無骨な味わい「レダイグ10年」

美味しいアイランズモルトのおすすめ

レダイグはゲール語で「安全な港」という意味。レダイグを造っているトバモリー蒸留所が浜辺にほど近い場所に建てられていることに因んで名付けられました。

トバモリー蒸留所はピートを焚かないライトタイプとスモーキーなへヴィータイプの2種類のウイスキーを造っており、レダイグはスモーキーなタイプとなっています。

しっかりしたピートを感じられる、アイラモルトとも違う男らしい無骨な味わいが特徴。

麦芽のフェノール値は35ppmとラフロイグと同じくらいですが、こちらは柑橘系の香りを強く感じられます。

ドライな味わい「トバモリー 12年」

美味しいアイランズモルトのおすすめ

ラフロイグが好きな方におすすめなのが、このトバモリー。その名の通り、トバモリー蒸留所で造られているウイスキーです。

レダイグと違ってこちらはノンピーテッド。代わりに潮や海の香りを強く感じられます。

海にバニラやシトラス、ミントが合わさって荒々しい香りになっています。癖のあるドライな味わいは、ハマる人はハマってしまうかも!?

レダングに負けず劣らず、インパクトの強いウイスキーと言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする