シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
京都のクラフトジン「季の美」の美味しいおすすめの飲み方9選

京都のクラフトジン「季の美」の美味しいおすすめの飲み方9選

季の美(きのび)という京都のクラフトジンをご存じですか?

水が綺麗なことで有名な伏見の名水を使用しており、お米を始め、玉露や柚子、ヒノキや山椒など日本の食材を使っているのが特徴。

和の食材とジュニパーベリーがマッチした香りと味わいで、世界からの評価も高い一本です。今回は、クラフトジン「季の美」の美味しいおすすめの飲み方をご紹介します。

飲み方1 ストレート

繊細な香りと味わいが特徴の季の美は、まずストレートで飲んでみてほしいところ。

最初は柚子の香りとまろやかな甘みを強く感じますが、口の中でじっくり味わうと、それぞれのハーブやスパイスも感じられます。複雑ながらもバランスが良い味わいで、クオリティの高さがうかがえます。

ウイスキーのように加水して飲むのもおすすめ。加水することによって甘みが前に出てきて、口当たりがよりまろやかになります。

飲み方2 ジントニック

ジン定番の飲み方、ジントニック。もちろん、季の美にもぴったりの飲み方です!

トニックウォーターの甘みと苦味が柚子や山椒の香りを引き立て、爽やかに。不思議と口当たりも甘くなり、飲みやすい味わいになります。美味しく作るコツは、通常のジントニックよりも濃い目に作ること。

山椒や生姜など、季の美に使われているスパイスをプラスするアレンジも◎。柚子や柚子皮を添えると、ジンの柚子の香りをより引き立ててくれます。

飲み方3 マティーニ

有名なカクテルの1つ、マティーニ。カクテルの王様と呼ばれているマティーニは、使うジンで味がガラっと変わるのが特徴。季の美で作ったマティーニは、柚子と山椒の香りがベルモットの香りとベストマッチ!

通常のマティーニよりも口当たりが良い、さらりとした味わいに仕上がります。オリーブは入れないレシピで作るのがおすすめです。

また、公式ホームページに載っている、日本酒を使ったアレンジマティーニもおすすめ。季の美の爽やかさを日本酒が下から支える一杯。普通のマティーニが苦手という方にも飲んでほしいおいしさです。

飲み方4 お湯割り

アイスで飲むイメージが強いジンですが、実はお湯割りも美味しい飲み方。特にお茶や柚子など、温かくしても美味しいスパイスを使っている季の美はお湯割りに向いています。使うお湯は、通常のお湯割りよりも高めの、90℃前後のものを使うのが良いですね。

季の香は温めると、焼酎のお湯割りや日本酒の熱燗を思わせる米の香りを強く感じます。洗練されていながらも、どこかほっとする味わい。

ナイトキャップにも、お食事と合わせても美味しくいただけます。

飲み方5 ロック

公式ホームページでもおすすめされている飲み方の一つが、ロックです。香り高い季の香は、焼酎やウイスキーのようにロックでいただいても美味しいんです。

加水されることによって香りが立ち、氷で冷やされることによって飲みやすくなりますよ。大きくて丸い氷を使うとより美味しく作れます。

また、食前酒にもおすすめなのが、山椒を振りかけるアレンジ。スパイシーな味わいがたまりません! 口の中がさっぱりするので、食中酒にも◎。

飲み方6 水割り

食事と合わせたいときにぴったりなのが水割り。季の香は水で割ると甘みを強く感じられるようになり、柚子の香りが引き出されます。清涼感のある味わいは、刺身や寿司にはもちろん、ステーキなどのお肉料理にもよく合います。

美味しく作るコツは、グラスを氷をたっぷり入れること。仕込み水と同じく伏見の名水で割ると、季の香と水がよく馴染みます。

飲み方7 ソーダ割り

トニックウォーター割りのイメージが強いジンですが、実はソーダで割るのもおいしい飲み方。ジントニックよりも甘さが控えめなので、食事ともよく合わせやすいのが良いですね。

ソーダ割りを作るときは、材料をすべてキンキンに冷やしておくと美味しく作れます。神戸式ハイボールのように氷を入れずに作るのもおすすめです。ライムや柚子果汁を加えても◎。清涼感がアップし、夏にもぴったりのおいしさになります。

飲み方8 お茶割り

意外に思われるかもしれませんが、これが意外にもベストマッチ!原料にお茶が使われている季の香はお茶との相性が抜群なんです。

緑茶の渋みとジンの清涼感が合わさり、得も言われぬおいしさ。和食の他、和菓子にもよく合います。お茶の渋みがきつく感じたり、飲みにくいと思ったときは、甘みを少し足すのがおすすめ。ガムシロップの他、はちみつもおいしいですよ。

飲み方9 カクテルに

季の香はカクテルベースにもピッタリ。ちょっぴり和風のカクテルが簡単に出来ちゃいます。

とくに柑橘系のフルーツとの相性が良いので、最初はレモンやライムを使うカクテルに使うのが良いですね。ジンバックなどのカクテルに使うライムを柚子に変えるだけでも、違った味わいが楽しめます。

また、薬草系のリキュールとの相性も抜群。グリーン・アラスカやネグローニなどに使えば、オリエンタルな雰囲気をまとった一杯になります。

季の香はライススピリッツをベースに作られているので、日本酒や焼酎など、米と合わせる和風のカクテルにも最適。

クラフトジン 季の美

クラフトジン 季の美

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする