シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
酒好きの私が個人的にオススメする【ホワイトラム銘柄ランキング】

酒好きの私が個人的にオススメする【ホワイトラム銘柄ランキング】

ラム酒って、「人を堕落させてしまうんじゃないか」っていうぐらい官能的な香りがすると思いませんか?

「ラム酒漬け」という食品ラベルを見つけるとついつい買ってしまうほどラム酒好きの私は、「マイ常備ラム酒」を常にキッチンに隠してあります。もう中毒ですね。

そんな私が個人的におすすめしたい、ホワイトラムの銘柄をランキングにしてみましたのでどうぞご覧ください!

第8位 カクテルに最適「ブルガル エクストラドライ」

おすすめホワイトラム1
ホワイトラムはヘビーなラム酒とは違い、そのさわやかさとすっきりとした飲み口が人気ですが、「ブルガル エクストラドライ」はそんなホワイトラムのイメージを裏切らない素直なお酒です。

ホワイトラムは主にカクテルベースに使用されます。そして「ブルガル エクストラドライ」はモヒートのためにある!といっても過言ではありません。

ミントとホワイトラムが織りなす爽やかさを、「ブルガル エクストラドライ」で味わってみてください。

>>通販で見る

第7位 自社畑のさとうきびで作られる「ラム J.M ブラン」

おすすめホワイトラム2
ホワイトラムはサトウキビのフレッシュさが味にそのまま直結しますが、「ラム J.M ブラン」は100%自社畑で作られたサトウキビを収穫後1時間以内に破砕して仕込まれるという、徹底した品質管理で高品質なホワイトラムを作り上げました。

このホワイトラムは、カクテルに使うよりそのまま飲んでほしいと思います。

口に含んだ瞬間から余韻が消え去るその時まで、ずっと心地よさが続く良質な一本です。

>>通販で見る

第6位 国産ラムなら「イエラムサンタマリア・クリスタル」

おすすめホワイトラム3
日本でサトウキビの産地といえば沖縄、そして沖縄のお酒といえば泡盛が有名ですが、実はラム酒も作られています。

沖縄のサトウキビのしぼり汁で作られたこのラム酒は、沖縄の海のような透明感とさわやかさを持つのが特徴です。

甘く華やぐ国産ホワイトラム、とても上品な味わいでスムースに飲めますよ。

>>通販で見る

第5位 程よくドライで強い味「ロンリコ ホワイト」

おすすめホワイトラム4
ホワイトラムは軽やかで優しいイメージがありますが、「ロンリコ ホワイト」は程よくドライで力強い味を持っており、「ここ一番で飲みたいホワイトラム」といった感じです。

炭酸で割るのがおすすめとされていますが、個人的にはこれはロックで飲むのが至高だと思っています。

官能的なラムの香りを豊かに感じる一本です。

>>通販で見る

第4位 飲む人を選びすぎる「ペールラバ ブラン」

おすすめホワイトラム5
ある種伝説のホワイトラム「ペールラバ ブラン」、他のホワイトラムとは全く異なる風味をもち、その製造過程からも「飲む人を選びすぎる」と話題です。

お酒は木の棒でかき混ぜる、加水は雨水、などなど様々な逸話を持つこの一本、ホワイトラムなのになぜか少し黄みがかかった色をしています。

飲んでみるとホワイトラムならではのさわやかさの中に、他のラム酒にはない「酸味」を感じることができました。サワーにして飲むとかなりいけそうです。

>>通販で見る

第3位 やっぱりこれだね!「マイヤーズ ラム プラチナホワイト」

おすすめホワイトラム6
「マイヤーズ」が織りなす華やかな香りと、ホワイトラムの包み込むような優しさが見事な一本「マイヤーズ ラム プラチナホワイト」。

どんな割り材と混ぜてもホワイトラムの香りが消えず、これ一本あれば至福のお酒タイムを演出することができます。

「マイヤーズはもっぱらダーク」という人も多いでしょうが、ぜひ一度ホワイトも味わってみてください。

>>通販で見る

第2位 圧倒的ネームバリュー「バカルディ スペリオール」

おすすめホワイトラム7
ホワイトラムといえば?と聞かれれば、多くの人が「バカルディ」の名を挙げるでしょう。

カクテルベースとして作られているホワイトラムで、どこのバーに行っても必ずあの蝙蝠のラベルを見かけることができます。

モヒート、ダイキリ、ピニャコラーダ、なんでもござれ!自宅カクテルにハマっているなら絶対に外せないラム酒ですね。

>>通販で見る

第1位 希少な無添加ホワイトラム「コルコルアグリコール」

おすすめホワイトラム8
沖縄産で、無添加無着色、年に一度だけ作られる希少性の高いラム酒が「コルコルアグリコール」です。

他のホワイトラムとは異なり、トロピカル感は少し薄れますが、その分サトウキビの味は抜群に際立っています。

一口目、癖がなさすぎる味わいに少し肩の力が抜け、二口目、サトウキビの素朴な味に触れ、三口目でその長く伸びる余韻に浸り虜になるでしょう。

「ホワイトラムが大好き!」という方なら、必ず気に入るはずです!

>>通販で見る

飲み方で楽しみ方も増えるホワイトラム!

同じ原料、同じ製法で作られるホワイトラムでも、不思議と銘柄が違えば味は全くの別物となります。

いつもはカクテルのベースとして、たまにはそのままロックで、時にはデザートにそのままかけて、自由自在にホワイトラムを楽しんでみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする