シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
どぶろくってどんな味?人気の銘柄から一癖ある銘柄まで比較してみた

どぶろくってどんな味?人気の銘柄から一癖ある銘柄まで比較してみた

お米のお酒の中でも、その特徴的な味わいではまると癖になるどぶろく。

なんとなく「本物の酒好き」が飲むイメージがありますが、実はとっても飲みやすく女性にも好まれる味なんです。

今回は、どぶろくってどんな味?人気の銘柄や癖の強い銘柄まで、一度は飲んでみてほしい銘柄を比較してみました!

どぶろくの味について

どぶろくの味
まずはどぶろくの味についてご紹介します。どぶろくとは、水と米、そして米麹を合わせて作ったお酒です。

これだけだと「日本酒とどう違うの?」と思ってしまいますが、どぶろくの特徴は「原料そのままで濾さない」こと。つまり、「米と麹のどろどろ」をそのまま味わえるお酒なんです。

白濁したどぶろくはお米の甘みをふんだんに含み、華やかな香りや適度な酸味、そして口の中ではじけるような不思議な感覚を楽しめます。原料を濾していないので、栄養豊富なのもうれしいポイントです。

どぶろくの様々な銘柄を比較してみた!

伝統的などぶろくなのに飲みやすい「蓬莱 飛騨のどぶ」

どぶろく銘柄の味1
「蓬莱 飛騨のどぶ」は、伝統的などぶろくなのにすんなり飲めてしまう飲みやすさで、大変人気のどぶろくです。

とろっと濃厚なお酒をグラスに注げば、すぐにお米の濃厚な香りを楽しめます。

甘口の日本酒が好きな方ならあっという間に一瓶開けてしまいそうですね。

Amazonで見る

上品な飲み心地で人気「庭の鶯 鶯印のどぶろく」

どぶろく銘柄の味2
どぶろくの味自体は好きだけれど、濃厚すぎてあまり飲めないのが残念。そんな方には「庭の鶯 鶯印のどぶろく」がおすすめです。

上品な舌触りと飲み心地で、どぶろくなのにすっと喉に入ってくる感じがあります。

ボトルも美しく、のんべえの女性にプレゼントしても喜ばれそうです。

Amazonで見る

貫禄の味わい「酒田発酵 黒どぶ」

どぶろく銘柄の味3
山形の酒造好適米出羽の里を使用し、昔ながらのなつかしい味わいに仕上げた「酒田発酵 黒どぶ」。

癖の強そうな名前につられて飲んでみると、強い米の甘みで口内を支配されます。

かなり甘みが強いので、ロックやサイダー割りにしてもいいかもしれません。どぶろくに慣れてきたころに飲んでおきたい一本です。

Amazonで見る

これは可愛すぎる!「酒田発酵 ピンどぶ」

どぶろく銘柄の味4
やさしいピンク色のお酒!?「酒田発酵 ピンどぶ」は、思わず見た瞬間に「かわいい!」と声を上げてしまう、女性ウケ抜群のどぶろく。

ピンク色の由来は古米でも使用しているのかな?と思いきや、赤色酵母を使用しているからなのだそうです。

その甘みと酸味から、イチゴのお酒を飲んでいるような感覚に陥ります。見た目だけではなく、味でも女性に人気が出そうな感じですね。

Amazonで見る

つぶつぶ感を楽しもう「十二六 どぶろくライト」

どぶろく銘柄の味5
お酒はドロッと、味はさらっと。「十二六 どぶろくライト」は、どぶろくのドロドロ感やつぶつぶの食感はそのままに、飲みやすくライトな味わいに仕上げたどぶろくです。

どぶろく初心者でもとっつきやすく、酸味もまろやかなのが特徴。どぶろくといえば加熱しないため日持ちしないのが普通ですが、こちらは火入れしてあるため長持ちするのもうれしいポイント。

米と米麹だけで作る甘酒が好きな方なら、すんなり飲めると思います。

Amazonで見る

米の栄養をガッツリ摂れる魅惑のお酒どぶろく

酔うためのお酒というよりは、栄養補給や滋養に良さそうな雰囲気まで持っている魅惑のお酒「どぶろく」。

毎日の晩酌にどぶろく、はちょっと辛いかもしれませんが、疲れがたまっている週末の昼間からちょっと一杯飲むならどぶろくがおすすめです。

20歳以上なら、家族みんなでスイーツ感覚で飲んでみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする