シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ銘柄はどれ?話題の美味しい「黒ビール」の味を比較してみた

おすすめ銘柄はどれ?話題の美味しい「黒ビール」の味を比較してみた

ビールは黄金に輝いているもの!と思いきや、意外にも様々な種類のビールがあるものです。

私はもともとビールが苦手だったので種類についても詳しくなかったのですが、ある日友人に勧められて思い切って飲んでみた「黒ビール」の美味しさにびっくりし、そこからは「夏はビール!」党の一人となりました。

さて、私のようにビールが苦手な人でも虜になってしまう「黒ビール」、果たしてどのような味がするのでしょうか?

これからビールをたくさん飲んでみたい!そんな方に教えたい「話題の美味しい黒ビール銘柄」の味を比較し紹介していきます。

「黒ビール」ってどんな味?

黒ビールの味
まずは黒ビールの味や特徴についておさらいしてみましょう。

黒ビールは、ビールの原料である「麦芽」をカラメル色になるまでローストしてから作られます。黒ビールの黒色の正体は、この「麦芽の焦げた色」なのです。

普通の黄金色のビールの麦芽もローストしているのですが、黒ビールよりも焙煎時間が短いため、ビールに濃い色はつきません。

肝心の黒ビールの味ですが、大まかにいうと「香ばしく甘い」のが特徴です。一般的なビールよりも苦みも弱く、黒色からは想像できない繊細な香りと味を楽しめます。

人によっては「コーヒーやチョコレートのよう」と感じるみたいですね。

厳選!人気の黒ビール6銘柄の味を比較してみた!

ここからはお待ちかね、黒ビールの中でも人気の6銘柄の味を比較しながら紹介していきたいと思います。個人的な感想になりますが、お気に入りの一本を見つけるための参考にしてみてくださいね。

ジャパニーズクラフトの代表格「東京ブラック」

黒ビール銘柄味1
ジャパニーズクラフトビールのトップを独走し続ける、「よなよなエール」が醸造する「東京ブラック」は、スムースな口当たりと柔らかで繊細な泡立ちで、女性に大変人気の黒ビールです。

ほんのり感じる苦みの中には焙煎からくる香ばしさ、後味は優しく甘く、いくら飲んでも飲み飽きしないのが特徴。

あっさりした赤身の牛肉と合わせると、一缶ぐらいはあっという間になくなりますね。

Amazonで見る

かなり大人な黒ビール「サンクトガーレン ブラウンポーター」

黒ビール銘柄味2
さて、黒ビールは大抵甘いというお話をしましたが、「サンクトガーレン ブラウンポーター」はその限りではありません。

ピリッとスパイシーに、確かなホップの苦み。焦がし具合がきつめの麦芽からはブラックチョコレートのようなコクと魅力的な香りが漂います。

これは冷やさずに常温で、食べ物よりはシガーが良く合う、かなり大人向けの黒ビールだと感じました。

Amazonで見る

和食に合う黒ビール「サンクトガーレン 感謝ビール<黒>」

黒ビール銘柄味3
同じく「サンクトガーレン」の黒ビールなのですが、「感謝ビール<黒>」は、和食、特にしょうゆベースのお料理に合うように作られた黒ビールです。

和食に合うビール、という言葉だけではイメージできないので早速飲んでみると、「ブラウンポーター」とは異なりかなり苦みが抑えめで、しかし強いコクを感じることができました。

確かにしょうゆベースの「味の濃いたれ」でも、負けることなく楽しめそうです。飲み口はやわらかく、年配者向けの黒ビールですね。

Amazonで見る

キリッと強めの黒「COEDO 漆黒」

黒ビール銘柄味4
黒ビールの甘みや軟弱さがどうにも性に合わない、そんな方でも安心して飲めるのが「COEDO 漆黒」です。

かなりキリッと強めの味と苦みを感じる黒ビールですので、逆にビール初心者にはお勧めできません。

癖の強い肉料理と合わせると最高のマリアージュを見せてくれそうですね。男だらけの焼肉やすき焼きパーティにおすすめ!

Amazonで見る

ジャパニーズらしい透明感「THE軽井沢ビール ブラック」

黒ビール銘柄味5
日本で作られるお酒って、どこか透明度が高くすんなりのと飲みやすいものが多いですよね。こちらの「THE軽井沢ビール ブラック」も日本らしいビールの仕上がりとなっており、雑味や嫌味を全く感じないのが特徴です。

それゆえ、生粋のビール好きにはちょっと物足りなさもあるかもしれませんが、お祝いごとの乾杯にはもってこいのビールだと思います。

この高級感、素直なホップの香りとロースト麦芽のコク、そして後味にほんのり感じる甘みは前菜との相性も抜群です。

Amazonで見る

これぞ本場の黒ビール「ケストリッツァー シュヴァルツビア」

黒ビール銘柄味6
これこそが本場、ドイツの黒ビール!あっさりとした日本のビール勢とは異なり、しっかりとローストした麦芽の味をダイレクトに舌に伝えてくれます。

かなりドライで日本で言えばラガービールのような雰囲気も持っていますが、黒ビールらしい上品な甘みもほんのりと携えています。

ドイツの味の濃いソーセージと合わせたら堪らないでしょうね!夏だけではなくオールシーズン楽しめる本格黒ビールです。

Amazonで見る

「黒ビール=初心者向け」とは言い切れない!

多くのビール好きにとって、黒ビールは甘くて初心者向き!というイメージだとは思いますが、今回紹介した「ケストリッツァー シュヴァルツビア」「COEDO 漆黒」「サンクトガーレン ブラウンポーター」のように上級者向けの黒ビールもあります。

ビールがちょっと苦手な人とでも一緒に楽しく飲めるのが黒ビールのいいところですから、みんなでワイワイいろいろな黒ビールを片手に盛り上がってみてはいかがでしょうか!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする