シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
甲類焼酎を美味しく楽しめるおすすめの飲み方/割り方9選

甲類焼酎を美味しく楽しめるおすすめの飲み方/割り方9選

チューハイやサワーの起源とも言われている甲類焼酎。呑んだことがないという方も、「キンミヤ」や「宝焼酎」は知っている、という方も多いのではないでしょうか。

乙類焼酎と違い、甲類焼酎はピュアで癖がない味わいが特徴。

コスパも良いので、毎晩の晩酌にも、みんなが集まるパーティにもうってつけ。

割り材の味わいを邪魔しないので、飲み方/割り方を工夫すれば、一年中美味しく楽しむことができちゃうんです。

今回はそんな甲類焼酎をもっと楽しめるおすすめの飲み方を紹介します。これを読めば、甲類焼酎でいろいろ割ってみたくなりますよ。

飲み方1 ロック

焼酎定番の飲み方であるロック。

もちろん、甲類焼酎で作ってもおいしくいただけます。

しょうがやレモンなど、スパイスを浮かべるアレンジもおいしいですよ。

飲み方2 お茶割り

和食と合わせたいときにはお茶割りがおすすめ!

特に緑茶と合わせれば、刺身や寿司ともよく合う味わいになります。

癖のない味わいの甲類焼酎は、どんなお茶で割ってもなんでも美味しくいただけるのが強み。

麦茶や烏龍茶と合わせれば、香ばしい味わいが焼酎の風味とベストマッチ。

紅茶と合わせると、スイーツともよく合う味わいになります。

飲み方3 水割り

九州で愛されている飲み方の一つが水割りです。

すっきり飲めること、手軽に楽しめることがその人気の1つ。

食事と合わせたいときや、ゆっくり飲みたいときにも向いています。

焼酎の水割りには、氷を入れないのが一般的です。常温の水と焼酎で作りましょう。

水割りに使う水は軟水が向いていますが、水道水を煮沸したものでも十分美味しく作れます。

飲み方4 お湯割り

香りをより楽しみたいときや、冬に温まりたいときにはお湯割りが一番!

実はお湯割りは、焼酎の本場九州でもよく呑まれている飲み方なんです。

お湯割りを作るときは、70度くらいの沸騰してから少し冷ましたお湯を使うのがポイント。

先にお湯をいれ、後から甲類焼酎を入れるのがおすすめです。

この方法で作れば、混ぜなくても自然と混ざりますよ。

飲み方5 炭酸割り(ハイボール)

焼酎の飲み方で意外と人気なのが、ハイボールです。

アルコールがぐんと低くなるので、お酒にあまり強くないという方でも安心。

スッキリした味わいで食事の味を邪魔しないので、和食と合わせるのも良いですね。

氷をたっぷり入れ、焼酎と炭酸を注いで軽く混ぜたら出来上がり。

時間をかけずに飲むときは、神戸式のハイボールのように、氷を使わない作り方もおすすめ。その場合、事前に材料を全て冷蔵庫で冷やしておきましょう。

レモンやミントを加え、マドラーで潰しながら飲むアレンジも◎。

夏にもピッタリのおいしさです。

飲み方6 ジュース割り

癖のない味わいが特徴の甲類焼酎は、ジュースで割っても味わいを邪魔しません。

甘いジュースを使うと口当たりもよく、お酒初心者さんにも楽しめる味わいになります。

オレンジジュースなど、柑橘系のジュースと合わせてもおいしくいただけます。

飲みやすくてもちゃんとアルコールが入っているので、飲みすぎには注意ですよ!

飲み方7 炭酸ジュース割り

コーラやジンジャエールで割れば、気軽に楽しめる飲み物に!

癖がなく飲みやすい味わいなので、こちらもお酒初心者さんにおすすめです。

また、サイダーで割る飲み方は手塚治虫の漫画にも登場。

サイダーの清涼感と炭酸の口当たり、甘みのある味わいでゴクゴク呑めてしまう、危険な一杯です。

漫画では、「焼酎3:サイダー7」が美味しい割合とされています。

飲み方8 野菜を入れて(金魚・河童)

甲類焼酎は、意外にも野菜との相性が抜群。

しょうがなどのスパイスはもちろん、トマトを入れて潰しながら飲むなどのアレンジも素敵。

夏にさっぱり飲みたいときに、試したい飲み方です。

金魚

金魚とは、焼酎のロックに唐辛子とシソを入れた飲み方のこと。

唐辛子の赤とシソの緑が、金魚が泳いでいる鉢に見えることからそう名付けられました。

見た目が涼し気なのはもちろん、味もおいしいのがこの飲み方の良いところ。

シソの清涼感と唐辛子の辛さがベストマッチ。辛いのがお好きな方は、唐辛子をちょっと潰したり、上から一味をかけるのも◎です。

河童

焼酎の水割りにスライスしたキュウリを入れると、河童割りという飲み方になります。

韓国や中国で好まれている飲み方で、爽やかな味わいが特徴。キュウリの香りが焼酎の癖やアルコールの臭いを抑えてくれるので、安い焼酎もぐんと飲みやすくなります。

塩を振ったり、スパイスを加えてもおいしいですよ。

飲み方9 ストレート

何かで割って飲むイメージが強い甲類焼酎ですが、実はストレートでも美味しいお酒。

水のようにするりと入って来て、いつの間にか杯が空になっている……そんな味わいです。

癖のない味わいではあるものの個性がないわけではなく、キレの良い味わいであったり、実は辛口であったりします。

いつもは何かで割って飲んでいるという方も、たまにはストレートで飲んでみるのはいかがですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする