シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生詰/ひやおろしの美味しい「日本酒」おすすめ10選

生詰/ひやおろしの美味しい「日本酒」おすすめ10選

日本酒の生詰酒の一種、ひやおろし。春に造ったお酒に一回火入れをし、夏の間貯蔵させたひやおろしは、まろやかな味わいとコクが特徴。

江戸時代から秋の風物詩とされ、人々の舌を楽しませてきました。

今回は、生詰/ひやおろしの美味しいおすすめの日本酒を10本ご紹介します。秋の味覚ともよく合いますよ。

秋の味覚と合わせて「常きげん 純米生詰ひやおろし」

山廃仕込みとは、昔ながらの特殊な方法で仕込んだ日本酒のこと。従来より手間と時間がかかる分、濃醇で旨口の日本酒に仕上がるのが特徴です。

とろりと粘度が感じられる舌触りと、米の優しい味わいと柔らかな甘味が印象的。

酸味と旨みのバランスも良く、呑み応えがあるのに飲みやすい一本。秋の味覚と相性抜群! 秋刀魚や松茸と合わせて。

常きげん 純米生詰ひやおろし

ジューシーでふくよか「出羽桜 山廃 特別純米 ひやおろし」

クオリティの高い吟醸造りで評価されている出羽桜。こちらは7号酵母を山廃仕込みにし、さらにひやおろしにした一本。

ジューシーでふくよかな味わい。まろやかな口当たりにコクのある旨みを、美しいキレがさらっていきます。

さすが出羽桜! と思わずうなってしまうおいしさ。燗にすると風味と香りが膨らみ、より楽しめますよ。

出羽桜 山廃 特別純米 ひやおろし

シャープな辛口「真鶴 ひやおろし 超辛口 山廃特別純米 限定生詰」

辛口の日本酒が好きという方におすすめしたいのが、真鶴のひやおろしです。

旨みと辛口のバランスが絶妙!しっかりした旨みがありながらも、辛口の良さをしっかり感じられるおいしさ。シャープな辛口の飲み口にキリッとしたキレが魅力です。

温度によって味わいが変わるのもよいところ。冷酒から燗まで、いろんな温度を試してみてくださいね。

真鶴 ひやおろし 超辛口 山廃特別純米 限定生詰

上品な甘み「富士高砂酒造 高砂 山廃純米吟醸生詰 ひやおろし」

山田錦を100%使用した、山廃仕込みのひやおろしです。富士高砂酒造は、静岡県では珍しく山廃造りの伝統を受け継いでいる酒蔵。

なめらかな口当たりと穏やかな香りの日本酒を得意としています。こちらは日本酒初心者にも飲みやすいほんのり甘口。

上品な甘みと山廃の力強いみずみずしい味わいが高砂らしさとあいまって◎。

富士高砂酒造 高砂 山廃純米吟醸生詰 ひやおろし

バランスの良い味わい「渓流 ひやおろし 純米生詰」

「金賞受賞蔵が醸す絶品のひやおろし」として話題になっている一本。

ひやおろしらしい熟成されたまろやかさが特徴の、呑み応えのある旨口です。甘味と旨み、酸味のバランスが◎。雑味がなく透明感あるボディもお見事!

キレの良さと全体を引き締める酸味のおかげでのど越しはスッキリ。魚介との相性は抜群! 戻りガツオやサンマと合わせてどうぞ。

渓流 ひやおろし 純米生詰

じんわりおいしい「笹祝 ひやおろし 特別本醸造 生詰原酒」

新潟県産米で醸した純米酒を原酒で瓶詰したひやおろし。昔は蔵人しか呑めなかったお酒です。

飲み口はとっても爽やか。18~19%の高アルコールを感じさせない口当たりの良さにびっくり!

後から奥深いコクとまろやかな旨みがじんわり広がる、かみしめたくなるおいしさ。気づけば杯が進んでしまっている、危険なおいしさです。

笹祝 ひやおろし 特別本醸造 生詰原酒

さらりと呑める「末廣猫魔の雫 ひやおろし」

猫魔とは猫魔ヶ岳(ねこまがたけ)という山のこと。むかし化け猫が住みついて人を食べていたという言い伝えが残っているんだとか。

きれいなお酒という印象を受ける一本。スキっと透明感ある軽快な味わい。さらりと呑める飲み口の良さと、一貫したシャープな辛みが特徴です。

温度をあげると一転、旨みが強く感じられる中甘口に。温度による味の違いも楽しいお酒です。

末廣猫魔の雫 ひやおろし

個性的な一本「GOZENSHU9 NINE ブラックボトル」

スタイリッシュなボトルがかっこいいひやおろし。現在の山廃仕込みのルーツである「菩提酛」を復活させ、雄町を100%使用した一本。

昔ながらのどっしりした辛口タイプ。菩提酛ならではのカルピスのような香りが印象的です。

まったりした口当たりとコク、バランスが良い甘さと酸味、深い余韻。最初から最後まで独特な味わいが楽しめます。

GOZENSHU9 NINE ブラックボトル

みぞれ酒にも!「千代の亀 ひやおろし」

愛媛県産松山三井を100%使用し、純米吟醸酒を絞ったあと貯蔵した生貯蔵酒です。

ひやおろしらしいまろやかな口当たりに、甘味、辛味、酸味、旨味、苦味の調和がとれたバランスの良い味わい。後味に来る苦味のおかげでキレもよく後味スッキリ。

主張しすぎない穏やかな味わいは、食中酒にぴったり。秋の味覚と一緒にじっくり楽しみたいおいしさです。

暑さが厳しいときは、冷凍庫で冷やし、みぞれ酒にするのもおすすめ。レモンやライムを添えると、見た目も味も爽やかな一杯に仕上がります。

千代の亀 ひやおろし

すっきりさっぱり「八重垣 純米 ひやおろし」

酸味が強い日本酒が好き、スッキリさっぱりしたお酒が好きという方におすすめしたいのが、八重垣という日本酒。

八重垣の日本酒は、キリッとした酸味を持っているのが特徴。ひやおろしもまた、八重垣らしい強めのスッキリした酸味が印象的。

後からまろやかな旨みとコクが優しく広がります。スッキリさの中に米の旨みが感じられるおいしさです。キリッと冷やしてどうぞ。

八重垣 純米 ひやおろし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする