シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カキとの相性が最高!【牡蠣に合う日本酒銘柄おすすめ8選】

カキとの相性が最高!【牡蠣に合う日本酒銘柄おすすめ8選】

濃厚でとろける口触りと堪らない旨みが染み出す魅惑の貝類「牡蠣」。牡蠣に合わせるなら白ワイン?いえいえ、淡麗辛口の日本酒なら、牡蠣との相性抜群なんです!

今回は、美味しい牡蠣と一緒に飲んでほしい、牡蠣に合う日本酒銘柄おすすめ8選をご紹介します。

大雪山の恵み「国士無双 烈」

kakisake1
雄大な大雪山の恵みを受けて作られた、北海道高砂酒造の辛口日本酒「国士無双 烈」は、同じく北海道のブランド牡蠣「かきえもん」とともに味わってもらいたい一本です。

「国士無双」と言えば、その切れ味鋭い辛口が特徴ですが、「烈」はまさに強烈な辛口と言えるでしょう。美しい雪解け水のようにきれいな味のお酒ですよ。

>>通販で見る

生ガキと楽しみたい「亀泉酒造 特別純米酒」

kakisake8
新鮮な生ガキにそっとレモン汁をかけて味わう。そんなひと時にピッタリな日本酒が「亀泉酒造 特別純米酒」です。

日本酒度は+5と決して「辛口!」といった味ではないのですが、すっきりとした口当たりの良さは牡蠣の濃厚さをグッと引き立たせてくれます。

>>通販で見る

庶民の味方!「桃川 ねぶた淡麗純米酒」

kakisake2
桃川の日本酒、私は若くまだ金銭的に余裕がないころよくお世話になりました。「安いのに旨い!」という桃川の日本酒の中で、ちょっとだけ高級なのがこちらの「桃川 ねぶた淡麗純米酒」です。

桃川のお酒には独特の旨みと香りがあり、これが苦手な人も結構いるんです。しかしこの「桃川 ねぶた淡麗純米酒」は、桃川の香りをよりさっぱりと飲みやすく仕上げてあります。

牡蠣の酒蒸しなんかと飲んだら止まらなくなりそうです。

>>通販で見る

秋田米農家の努力の結晶「高清水辛口純米」

kakisake3
秋田県で造られている「高清水辛口純米」は、秋田県で米作りを営む農家の努力を存分に感じられる「米の旨みが際立つ」日本酒です。

その味わいは、どちらかというと女性向けと言えるでしょう。牡蠣をもっとおしゃれに楽しみたい女性には、アヒージョにした牡蠣に合わせてワイングラスに注いだ「高清水辛口純米」を飲んでみてください。

まるでワインで楽しむ牡蠣のように、上品に味わえますよ。

>>通販で見る

優しい味の日本酒「白瀧酒造 淡麗 魚沼純米」

kakisake4
端麗辛口、と聞くと男性的な力強さを感じますが、こちらの「白瀧酒造 淡麗 魚沼純米」は、優しい口当たりでさらりと飲める日本酒です。

米の旨みの後にくる酸味が酒臭さを和らげているので、これなら日本酒が苦手という方でもすいすい飲めるのではないでしょうか。

牡蠣のクリーム煮やグラタンとも合いそうですね。

>>通販で見る

純米酒なのに上品!「醉心 軟水の辛口」

kakisake5
純米酒は、アルコールくさくて飲めない・・・という方も多いと思いますが、「醉心 軟水の辛口」は、軟水仕込みのやさしさで美味しく飲めるのが特徴。

酒の旨みもそこそこに、喉につるんと流し込めるお酒ですね。牡蠣飯や牡蠣酢など、定番和食のお供にどうぞ。

>>通販で見る

ちょっと尖った大人の味「加賀鳶 純米 勢」

kakisake6
近頃の日本酒は女性に媚びたものばかり!そんな風に嘆くのはまだ早いです。そんなあなたでも、「加賀鳶 純米 勢」ならば、きっと納得できるに違いありません。

飲みやすさはひとまず置いといて、とにかく日本酒の良さを追求しました!と言わんばかりの男くさい良い一本です。

個人的には、牡蠣の燻製と一緒に味わいたいと感じました。燗で飲んでも美味しそうです。

>>通販で見る

高級な日本酒はいかが?「大吟醸 特製ゴールド賀茂鶴」

kakisake7
大吟醸のパイオニアともいえる「大吟醸 特製ゴールド賀茂鶴」は、なんと金箔入りの超高級な日本酒です。

大吟醸は濃厚なもの!と思って買うと、ちょっと期待はずれかもしれません。この日本酒、純米大吟醸なのにとてもさっぱりすっきりとしているのが特徴で、日本の海鮮にとても合うように作られているんです。

生ガキや蒸しガキのようなシンプルに調理された牡蠣でお楽しみください。

>>通販で見る

まとめ

貝類は、健康面でも味でも本当に素晴らしい食材ですよね。特に牡蠣の旨みは他の食材では絶対に代用が効かないものだと思っています。

美味しい牡蠣と美味しい日本酒があれば、どんなに辛いことがあった日でも、一瞬でそのストレスを吹き飛ばしてくれるでしょう。

疲れた体に染みわたる牡蠣の栄養分、是非日本酒と一緒に楽しんでみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする