シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
限定物が人気![お土産に喜ばれる北海道のレアな日本酒]おすすめ10選

限定物が人気![お土産に喜ばれる北海道のレアな日本酒]おすすめ10選

北海道はお米を作るのは難しい土地と言われてきましたが、最近では北海道産のお米も増え、お酒造りにも力を入れています。

そんな北海道の日本酒の中でも特に人気なのがご当地の限定物。

今回はお土産に喜ばれること間違いなし!北海道のレアな日本酒おすすめ10選をご紹介します。参考にしてください。

淡麗でさっぱりした味わい「男山 北海道限定 特別本醸造」

北海道限定おすすめ日本酒

北海道の男山といえば、モンドセレクション金賞を受賞した純米大吟醸を思いうかべる方も多いのではないでしょうか。これはその男山の限定商品です。

ラベルは写真家、前田真三氏の「丘のカラマツ林」という作品が使われています。美馬牛峠の丘の南隣にある林なので、一目見に行ってみるのも良いかもしれません。

淡麗でやや辛口な味わいは、どこか白ワインを彷彿とさせます。さっぱりしていて、どこか酸味を感じます。

「男」と呼ぶにふさわしい堂々たる味わいです。冬は熱燗でも。

男山 北海道限定 特別本醸造

水が美味しい北海道ならでは「国稀 北海道限定 純米吟醸」

北海道限定おすすめ日本酒

北海道酒造好適米『吟風』と、北海道の水で造られた辛口純米吟醸。

昔ながらの日本酒の麹の匂いに、お米の旨み。すっきりあっさりしていて、飲み飽きることのない美味しさです。

「まるで水」とネットで称されることが多い国稀ですが、それだけすっきりしていて飲みやすいということでしょう。

一本飲めば、きっとあなたもこのおいしさが出せる北海道の水の旨さに感服します。

国稀 北海道限定 純米吟醸

米の旨み豊か「千歳鶴 北海道限定」

北海道限定おすすめ日本酒

北海道酒造好適米「吟風」と米麹だけを原料に作られた、中辛口の日本酒です。

このお酒を造っているのは、北海道で最も古い時期から酒造りを始めたとされる日本清酒株式会社です。

札幌の地酒をずっと造り続けてきた会社で、札幌中心部から10分で行ける千歳鶴酒ミュージアムという施設もあります。

北海道に行った際に是非、こちらにもよってみるのはいかがでしょう。仕込みに使っている水が飲めるほか、ミュージアムのみ販売のお酒もあります。

千歳鶴 北海道限定

果実のように爽やかな香り「高砂酒造 純米大吟醸酒 国士無双 北海道限定」

北海道限定おすすめ日本酒

国士無双(こくしむそう)とは、麻雀の役のこと。「国士」はその国の中で最も優れている人物、「無双」は並ぶ者のない意味を指します。

「唯一無二の人材である」という言葉から転じた名前を持つこのお酒は、まさに唯一無二の味わいです。

すっきりしていて後に残らず、米の旨みが広がります。香りは華やかかつ爽やか。

飲む1時間ほど前に冷蔵庫に入れ、少し冷やして飲むのがおすすめです。

高砂酒造 純米大吟醸酒 国士無双 北海道限定

透明感がある辛口「北の錦 特別純米酒 まる田」

北海道限定おすすめ日本酒

「まる田」は小林家の屋号です。脇田杜氏が北の錦を醸す歴史の中で「道産米で造る現時点での最高峰純米酒」にこの名前が付けられるのだそうです。

フルーティな日本酒が得意な小林酒造ですが、これはかなりお米の旨みが強いお酒です。まろやかな印象を受けますがキレは良く、後味は苦味を伴ってスーッと消えていきます。

透明感があります。辛口とのことですが、米の旨みと甘みがあるのでやや辛口という感じです。

北の錦 特別純米酒 まる田

芳醇でまろやか「純米吟醸 北の微笑 金滴酒造」

北海道限定おすすめ日本酒

明治39年に創業した金滴酒造もまた、北海道の日本酒の歴史にかかせない老舗の酒造です。

手造りの少量生産にこだわり、一つ一つ丁寧に仕込んでいるだけあって、味も丁寧な印象をうけます。

まろやかなお米の旨みは、思わずほっとため息をついてしまう美味しさ。後味に焼いた小麦のような香ばしい香りも感じます。

すっきりした中にも芯がどっしりとあるやや辛口。常温かぬる燗がおすすめです。

純米吟醸 北の微笑 金滴酒造株式会社 北海道

お米の甘味と爽やかな酸味「福司 純米吟醸」

北海道限定おすすめ日本酒

香りが強く、力強い味わいが特徴の純米吟醸。

力強いながらも、お米の甘みと旨みが美味です。若干ながら酸味もあるので、意外とさっぱりいただけます。

魚、肉、煮物など、どんな料理とも合わせられる万能選手。寿司など、少々酸味があるものとも合います。

濃厚な甘みにびっくり「十一州 純米大吟醸酒」

北海道限定おすすめ日本酒

十一州とは北海道のこと。明治維新後の北海道が、11ヶ国86群に分けられていたことに由来しています。

トロッとした感触と、メロンやブドウのような甘味におどろきます。「ねっとり」と称される濃厚な甘みと旨みは、まさしく上質なメロンに似ています。

後味はきりっと辛口。べたつかず後に残らないので、ついついもう一杯、もう一杯と飲んでしまうお酒です。

常温か、少々冷やしてもおいしくいただけます。

十一州 純米大吟醸酒

まろやかな舌触り「北海道 根室の地酒 北の勝(きたのかつ)大海」

北海道限定おすすめ日本酒

日本最東端の地酒蔵「碓氷勝三郎商店」で造られている日本酒。

清涼感がある味わいが特徴。舌触りはまろやかで、アルコールの風味もありますが、飲みやすいお酒です。

コストパフォーマンスはかなり良いと感じました。酒呑みのためのお酒と言う感じです。

根室の地酒 北の勝 大海

とにかくキリっとしている「二世古酒造 倶知安」

北海道限定おすすめ日本酒

「倶知安」は「くっちゃん」と読みます。

北海道酒造好適米「きたしずく」を100%使用した純米酒。

とにかくキリっとしていて、芯がしっかりある。旨みも強く男前な感じがします。

『日本酒感』が強いお酒が好きな方におすすめです。

燗にしても、冷やでも美味しくいただけます。

二世古酒造 倶知安

色々なおすすめ日本酒をまとめたページもありますので合わせて参考にして下さい。北海道のおすすめ日本酒の記事が他にもありますよ。

おすすめ日本酒特集ページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする