シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安いワインがおすすめ!「冷やすのがベストな赤ワイン」銘柄10選

安いワインがおすすめ!「冷やすのがベストな赤ワイン」銘柄10選

赤ワインは冷やしすぎてはいけない、と書いてある本も多いですが、私はキンキンに冷やしたワインも好きです。

冷やして美味しい赤ワインは、フルーティで飲みやすいものがおすすめ。フルーティなワインは安いものが多いでいろんな人と手軽に楽しめるのもポイントです。

今回はその中でも、冷やすのがベストな赤ワインを集めました。

とても軽やか「カルサーダ・クイネア クイネア・クリアンサ」

『SAKURA WOMAN’S WINE AWARDS』にて金メダルを受賞したワイン。SAKURA WOMAN’S WINE AWARDSとはその名の通り、審査員は全員女性です。

辛口ですが、とてもフルーティなのであまり重く感じません。

赤い果実やプルーン、ブラックチェリーの香りに、レモンのような柑橘に似た酸。樽の香りは控えめなので、とても飲みやすいワインです。

白ワインに合う料理が合います。生ハムや魚介類、トマトのパスタなど。

カルサーダ・クイネア クイネア・クリアンサ

コスパ最高!「ボンエスぺランス」

南アフリカ産のワインです。チェリーやプラムの香りがします。渋みと酸味のバランスもとても良く、コスパは良いと言えるでしょう。

そのままでも十分美味しいのですが、冷やすとさらに飲みやすくなります。

甘めのフルーツやチョコレートなどとあわせて。

また、オレンジジュースで割り、サングリアとしても楽しめます。

ボンエスぺランス

オーガニックにこだわったワイン「インネ ペイ・ドック」

オーガニックにこだわって造られたワインです。カシスなどベリー系が強く感じられ、辛口ですが、果実の甘みもほんのりあります。

渋みも酸も控えめ。さらりと飲める味わいで、どんな料理とも合わせることができます。

また、カシスリキュールなどで割り、カクテルにしても美味しくいただけます。

インネ ペイ・ドック

飲みやすさはピカイチ「ウルフブラス イエローラベル メルロー」


ウルフブラスといえば、オーストラリアの有名なワイナリーです。創設から9,200以上の受賞歴を持つワイナリーで、レッド・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーも受賞しました。

そんな凄腕ワイナリーが出すこのワイン、その名に恥じず美味しいです。

渋みや酸もしっかりありますが、フルーティな甘みを強く感じられるミディアムボディのワインです。

赤ワインが苦手な方にもおすすめ。冷やすとフルーティさがより際立ちます。

ウルフブラス イエローラベル メルロー

複雑な香り「ボーロワ ルージュ」

フルーティで柔らかい味わいの辛口ワイン。果実の香りも強くしますが、石炭や煙草、ドライフラワーのニュアンスも感じます。

複雑な香りと相まってか、ドライでシャープな味わいです。

粘性は強めですが後味はすっと消えていきます。軽めに冷やしてどうぞ。

ボーロワ ルージュ

口の中をさっぱりさせてくれる「リザード ドルンフェルダー セミドライ」

カシスやイチゴ、チェリーのフルーティな香りがします。

酸味が強めのシンプルな味わいです。シンプルに美味しいといった印象です。

口の中をさっぱりさせてくれるので、油っぽい料理や濃い目の味付けの料理と一緒に。また、甘いデザートと合わせてもバランスが良いのでおすすめです。

リザード ドルンフェルダー セミドライ

ゴクゴク飲めちゃう「わがやの葡萄酒 赤」

ライトボディの赤ワイン……いえ、『葡萄酒』です。

「渋みを抑えた」と書かれている通り、渋みは控えめで飲みやすく、かつ旨みはしっかりとあります。

口当たりは軽く飲みやすいので、ゴクゴク飲めてしまいます。

量もたっぷりあるので、パーティや家呑みにもうってつけ。チーズやお肉料理、デザートなど、どんな料理とも合わせることが出来ます。

ビンボトルなので、容量とあいまってずっしりと重い感じです。取り扱いにはご注意を。

わがやの葡萄酒 赤

癖がなく飲みやすい「KWV ケープ・ルージュ」

癖がなく飲みやすい味わいの赤ワインです。辛口ですが、果実の香りが強く、果物の甘みを感じます。

飲み口はさらりとしていて、のど越しも穏やか。とにかく飲みやすさに特化したワインと言えるでしょう。

冷やすとさらに渋みが控えめになり、フルーティさが増します。

フルーツとの相性もいいので、オレンジなどの果汁を絞って飲んだり、サングリアにしても。

KWV ケープ・ルージュ

渋み控えめ「ガストン パリジャン」


渋みは控えめ、アルコール度数は12.5度と、かなり飲みやすく造られているワインです。

ライトボディと呼んでも差し支えないほど軽い飲み口と、穏やかなのど越しは、いつもは白ワイン派というあなたにもおすすめ。

白ワインに合う料理と合います。または癖のないチーズなども良いでしょう。

あまり主張の強い料理と合わせると負けてしまうかもしれません。コルク栓なので、飲むときはコルク抜きが必須です。

ガストン パリジャン

まるでジュースのような飲みやすさ「サンゲ デ ボイ スアーヴェ」


アメリカングレープを数種類ブレンドした辛口ワイン。ブラジルで造られています。

辛口とは銘打ってありますが、ブドウジュースのようなフルーティな甘みがあり、かなり飲みやすくなっています。

ライトな飲み口が特徴ですが、ただライトなだけではなく、きちんと渋みと酸味がしっかりしています。赤ワイン好きにはうってつけです。

ミートソースのパスタなどはもちろん、照り焼きなどの日本食の甘辛い味ともよく合います。

サンゲ デ ボイ スアーヴェ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする