シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「VSOPのブランデー」の美味しいおすすめの飲み方9選

「VSOPのブランデー」の美味しいおすすめの飲み方9選

琥珀色が特徴的なVSOPのブランデー。VSOP(Very Superior Old Pale)とは、熟成されたブランデーのことを指します。

華やかな香りと芳醇な味わい、まろやかな口当たりで、老若男女問わず愛されています。

VSOPははじめて飲むブランデーとしてもおすすめ。今回は、VSOPのブランデーをお家で楽しめる、美味しい飲み方をご紹介します。

飲み方1 ストレート

芳醇な味わいが特徴のVSOP。まずはストレートで味わってみてください。ブランデーは舌はもちろん、鼻でも楽しむお酒です。水や炭酸水などのチェイサーを準備して、ゆっくりじっくり楽しみましょう。

ブランデーのような香りが重要なお酒は温度が重要。お酒は温度が高いほうが香りが立つので、香りをより楽しみたいときは常温でいただきましょう。

ブランデーはグラスにこだわるとより香りが楽しめます。シャンパングラスやグラッパグラスなど、口がすぼまっていて、足がついているグラスを使いましょう。ブランデーの香りをあますところなく楽しめますよ。

飲み方2 ロック

ブランデーをゆっくり楽しみたいときはロックがぴったり。ブランデーは映画や読書のお供にうってつけです。

冷やすとアルコールの臭いが緩和されるので、ストレートだとちょっときついなと思ったときにもロックはおすすめ。大きな氷を使うと溶けにくくなるので、よりゆっくり楽しめます。

飲み方3 水割り

ブランデーをおうちでカジュアルに楽しみたいときは、水割りがおすすめ。加水することで香りが広がり、フルーティなブドウの香りが一気に前に出てきます。アルコール度数もぐんと下がり、飲みやすくなります。食事と合わせたいときにもピッタリ。

割り材は硬水のミネラルウォーターを使うとブランデーとよく馴染みます。氷を使って作るとあっさりした味わいに。常温の水とブランデーを使って作ると、ブランデーの香りがよく楽しめます。好みや気分で使い分けましょう。

飲み方4 お湯割り(ホットブランデー)

香りをより楽しみたいときは、お湯割りがおすすめ。VSOPの芳醇な味わいは、お湯で割っても崩れません。安らぐ香りと優しい味わいは、ナイトキャップにもぴったりです。

美味しく作るコツは、使うお湯の温度を70~80度にすること。沸騰直後のお湯を使うとアルコールが一気に揮発し、飲みにくくなってしまいます。砂糖やレモン、クローブなどを加えるアレンジも楽しいですよ。

飲み方5 ソーダ割り

ブランデーのソーダ割りは、ヨーロッパでは「ブランデー&ソーダ」と呼ばれ好まれています。フルーティな味わいと炭酸のフレッシュな口当たりが爽やか。ブランデーをよりカジュアルに楽しめます。

トニックウォーターで割ると、甘みが加わってさらに飲みやすい味わいに。レモンやライムを絞ると、夏にもピッタリの一杯になります。

飲み方6 紅茶・コーヒーに入れて

ブランデーをコーヒーや紅茶に入れる飲み方は、「カフェ・ロワイヤル」「ティー・ロワイヤル」と呼ばれます。この飲み方は世界で広く親しまれており、カフェ・ロワイヤルはあのナポレオンも好んで飲んだとされているんだとか!

フルーティなブランデーの香りと、紅茶やコーヒーの香りの相性は抜群。ブランデーの香りを立たせるために、ホットの紅茶やコーヒーで作るのがおすすめです。

もちろん、ミルクを入れても美味しくいただけます。甘いものともよく合いますよ。

飲み方7 牛乳割り

甘いものが好きな方、夜寝る前に呑みたいときには牛乳割りがぴったり!ブランデーの香りと牛乳の甘みがあわさって、まろやかな味わいに。ホットミルクで作ると身体も温まります。蜂蜜などで甘みをプラスするのも◎。

ちょっと贅沢したいときには、ブランデーと砂糖、卵を一緒にシェイクして「ブランデー・エッグノッグ」にするのはいかが?卵が入ることで呑み応えもある飲み物になります。食後のデザートにもおすすめです。

飲み方8 カクテル

VSOPのブランデーは、カクテルベースとしても優秀。華やかな香りが他のお酒やジュースとうまく調和してくれます。

ブランデーは口当たりの良い甘みのあるカクテルが得意です。とくに柑橘系のフルーツとの相性は抜群。

「サイドカー」や「フレンチ・コネクション」など、様々な人気カクテルのベースに使われています。バーに行ったときには、是非頼んでみてくださいね。

飲み方9 お菓子作り・料理に

飲み方ではありませんが、ブランデーは料理やお菓子作りにも使えます。とくにチョコレートやキャラメルとの相性が良いので、それらを使ったケーキやムースに使うのが良いですね。

また、ドライフルーツやナッツを混ぜ込んで焼いたケーキにブランデーを染み込ませれば、芳醇な香りが楽しめるブランデーケーキに。ブランデーはアルコールを含んでいるので、運転前や妊娠中の方は注意してください。

肉料理やソース、煮込み料理に使えば、味に深みが出ます。肉のソテーの仕上げに入れてフランベすれば、簡単にお店の味がおうちで再現できちゃいます!ブランデーに火がつくことがあるので、火事や火傷に気を付けて作ってくださいね。

VSOP ブランデー

VSOP ブランデー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする