シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フランスの美味しいラングドックのワインおすすめ10選

フランスの美味しいラングドックのワインおすすめ10選

手頃で美味しいワインが多いことで知られている、フランスの「ラングドック・ルーシヨン」のワイン。

ラングドックのワインは甘口から辛口、白から赤までさまざまな種類があり、どれもハイクオリティながらもリーズナブル。ワインをカジュアルに楽しみたいという方にもぴったり。とはいえ、種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、特におすすめなフランスの美味しいラングドックのワインをご紹介します。

普段の食事と合わせて「メゾン・カステル ラングドック」

カステル社は、フランス国内でボルドー販売数量No.1を誇ることで知られている会社。

各生産地に伝わる伝統的な手法を用いて、新しい味わいを追求したのがこのシリーズです。グルナッシュ種とシラー種をブレンドし、なめらかでマイルドな口当たりに仕上げた一本。

カシスやブルーベリーの果実味と程よい酸味とタンニンで飲みやすい味わい。普段の食事にも合わせやすいおいしさです。

メゾン・カステル ラングドック

味わいしっかり飲み口軽め「ドメーヌ・ド・ヴィルマジュー・コルビエール・ブートナック」

コスパが良いと言われるラングドックのワインですが、その中でも評価が高いのがこちらの赤ワイン。

とくにお肉料理に合わせるワインを探しているひとにおすすめの一本です。プラムやプルーンの果実味にチョコレートとコショウのスパイシーなニュアンス。

フルボディで味わいはしっかりしていますが、飲み口は意外と軽め。軽く冷やしても美味しくいただけます。

ドメーヌ・ド・ヴィルマジュー・コルビエール・ブートナック

味わいしっかり「ラ キャピテール デュ バロナーク」

パンチのある口当たりが印象的なフルボティの赤ワイン。

味わいは濃厚ですが、飲み口はとってもエレガント。ふくよかでしっかりしたタンニンに、こちらもしっかりした酸味と果実味。

各要素のバランスが取れているので、強めの味わいでも飲み疲れません。飲みこんだあとには心地よい余韻が続きます。チョコレートやブルーチーズと相性抜群!どっしりしたお肉料理と合わせても。

ラ キャピテール デュ バロナーク

しっかり旨い「ドメーヌ・ロスタル・カーズ フランス ラングドック・ルーション」

メドック格付け第5級のワイナリー、ドメーヌ・ド・ロスタル。

口に含んでまず感じるのが、ブラックチェリーとブルーベリーの濃厚な果実味。シナモンなどスパイシーなニュアンスもある、洗練された上品な味わい。

派手さはないものの、しっかり旨い。そんな印象を受けるワインです。

ドメーヌ・ロスタル・カーズ フランス ラングドック・ルーション

落ち着いた味わい「ポール マス クロ デュ ミュール」

「手軽で高品質なワイン」にこだわったワイン造りをしているジャン・クロード氏。

そんな彼が作るワインは、安旨ワインとして日本でも大人気です。全体的に落ち着いた印象を受ける味わい。

シルキーな飲み口とバニラや煙のニュアンス。そこに黒い果実がふわりと香り、どこか妖艶な雰囲気を醸し出しています。

ポール マス クロ デュ ミュール

万人受けするおいしさ「ホワイト シャルドネ / ブリー 白」

スタイリッシュなボトルが目を引く一本。シャルドネを100%使用した白ワインです。

辛口とされていますが、中口~甘口にも感じられる飲み口です。マスカットを思わせるジューシーな甘さが印象的。微発泡のしゅわしゅわした口当たりがお茶目。

リンゴと青りんごのフルーティさに癖のないクリアな味わいは、万人受けするおいしさです。

ホワイト シャルドネ / ブリー 白

コスパの良い泡「ドメーヌ・ミショー・クレマン・ド・ロワール」

コスパの良いスパークリングワインをお探しなら、このワインがおすすめ。様々な賞を受賞し、ワイン好きの間でも話題となっている一本です。

甘さも感じられる口当たりとたっぷりの果実味、イキイキした酸味。

繊細な泡立ちと深みとコクのある味わいは、シャンパーニュにも引けを取りません。

ドメーヌ・ミショー・クレマン・ド・ロワール

赤と白の良いところ取り「ジェラール・ベルトラン オレンジ・ゴールド」

「どんな食事とも合わせやすい」として、最近日本でも話題のオレンジワイン。

白ワインに使うブドウを赤ワインの製法で仕立てたオレンジワインは、まさに二つの良いところ取りの味わい。

こちらはとくに飲みやすいので、はじめてのオレンジワインにも最適な一本。白の爽やかさと赤の呑み応えが合わさって、和食にも洋食にも合うおいしさです。

ジェラール・ベルトラン オレンジ・ゴールド

夏の暑さにも負けない「ドメーヌ・ド・ヴィルマジュー・コルビエール・ロゼ」

ジェラール・ベルトランは、13もの航空会社で機内ワインとして採用される人気ワイナリー。

こちらはそんなジェラール ベルトランのワインの中でも、きれいな味わいとバランスの良さが高く評価されている一本。

しゅわしゅわした弾ける泡の口当たりに、ラズベリーの果実味にチャーミングなイチゴの甘酸っぱさが印象的。軽く冷やして飲めば、じめじめした日本の夏の暑さにもぴったりのおいしさです。

ドメーヌ・ド・ヴィルマジュー・コルビエール・ロゼ

ジュースみたいに飲めちゃう「ル・タン・デ・フリュイ・ロゼ・パンプルムース」

ワインを初めて呑む方、あまりお酒は飲まないという方にもおすすめしたいのがこちら。水、砂糖、グレープフルーツアロマを加え、サングリアのように仕上げた一本です。

リッチで上品な甘さが印象的。グレープフルーツの味わいがとっても爽やか。アルコール度数も8%と低く、飲みやすいのが良いところ。

さらにグレープフルーツジュースで割ったり、氷を入れてロックにしたりと、カジュアルに楽しんで。

ル・タン・デ・フリュイ・ロゼ・パンプルムース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする